Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 議会広報 > トピックス・お知らせ > 県議会トピックス-平成30年度- > 第32回全埼玉私立幼稚園PTA振興大会に齊藤正明議長が出席

埼玉県議会 県議会トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2018年11月28日

第32回全埼玉私立幼稚園PTA振興大会に齊藤正明議長が出席

   11月28日(水曜日)、第32回全埼玉私立幼稚園PTA振興大会に齊藤正明議長が出席しました。
   齊藤議長は、県議会を代表してあいさつを述べました。

開催日

   平成30年11月28日(水曜日)11時10分~11時50分

場所

 埼玉会館 大ホール(さいたま市浦和区高砂3-1-4)

齊藤正明議長のあいさつ(要旨)

あいさつをする齊藤議長 ただ今ご紹介いただきました埼玉県議会議長の齊藤正明でございます。県議会を代表いたしまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 ご参会の皆さまにおかれましては、日ごろ、本県の幼児教育の充実に多大なご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、グローバル化の進展が、私たちの身近な社会にさまざまな影響を及ぼしています。教育分野においては、県内の小中学校に通う外国籍の児童・生徒が、昨年度、5、823人に上り、5年連続で過去最多を更新しました。折しも、外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理・難民認定法改正案が現在国会で審議されていますが、外国籍児童・生徒の増加は、人手不足を背景に外国人労働者が増えていることが大きな要因であると言われており、今や本県の小中学生の100人に1人が外国籍となっています。
 小中学校だけではありません。現在、日本で暮らす5歳以下の外国籍の子どもは10万人以上いるとされており、わが国に暮らす人たちは、ますます多国籍化することが予想されています。日本はかつての島国の姿を変え、国際色豊かな全世界とつながっている国となりつつあります。国々の生活習慣の違いから、日本人住民と外国籍住民とで軋轢が生じるケースも各地で聞かれますが、今後、共に同じ地域住民として共生に努めていく必要があります。
 幼稚園は、人が初めて集団で社会生活を営み、人間形成の基礎を培う場となります。幼稚園の温かな人間関係の中で充実した生活体験を重ね、保護者の皆さまと愛情に満ちた家族生活を送る子どもたちは、他人と関わる力や共感する心、思いやりの心を身に付けることができます。
 本日の大会テーマである「子育てはみんなの願い ~家族の絆 みんなのしあわせ」のように、日本の将来を担う子どもたちには、生きる力、豊かな心、健やかな体を育成し、幸せな人生を切り開いてほしいと願うのは、われわれすべての大人に共通する願いであります。
 皆さま方におかれましては、子どもたちが社会性の基礎を幼児期にしっかりと身に付け、今後ますます多国籍化する社会で、国籍・言語・文化・習慣が異なるさまざまな人々と積極的に手を取り合い、互いにとって価値のある関係を築いていくことができるよう、引き続きお力添えを賜りますようお願い申し上げます。
 今後も、議会と行政が一丸となって教育環境の充実を図り、子どもたちが健やかに成長できる社会の実現に全力で取り組んでまいります。
 結びに、本大会のご成功と、ご参会の皆さまのご健勝、ご活躍を心から祈念申し上げまして、私のあいさつといたします。

当日の様子

 大会の会場

会場の様子

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6257

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?