Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成26年2月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 2月28日(金曜日) > 畠山 稔(民) > 平成26年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (畠山 稔議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月30日

平成26年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (畠山 稔議員)

さいたま水上公園について

Q 畠山 稔議員(民主・無所属

私の地元上尾市には、昭和46年に、海なし県に海をという県民の熱望に応え、県内初の大型レジャープールを有するさいたま水上公園が開設されました。しかし、開設以来42年もの月日が経過し、プール施設の老朽化が進んでおります。特に、水上公園の真ん中にある流れるプールについては、冬場はアイススケート場として利用されていたことから、鉄製のプール本体及び配管類の傷みが激しく、平成24年度から流れるプールの営業を中止し、現在は、その流れるプールの撤去作業が進められていると伺っております。流れるプール以外の6つのプール施設についても、そう遠くない時期に施設の寿命を迎えるときが来るものと考えます。
このような老朽化により、開園当時に比べ利用者数は少なくなった状況でありますが、昨年の夏に約11万人もの多くの県民の方々に御利用をいただいた、とても魅力あるプールであることには変わりありません。この水上公園に大きな魅力を感じている数多くの県民の一人として、私は、県民要望のある50メータープールや一年中利用できる魅力ある温水プールとして、今後も水上公園の存続を強く望みます。
そこで、都市整備部長に御所見をお伺いいたします。
一点目は、現在撤去工事を進めている流れるプールの跡地はどのような整備を計画しているのかお伺いいたします。
二点目は、さいたま水上公園全体の今後の方向性についてです。そろそろ将来のさいたま水上公園全体の方向性を出す時期に来ていると思いますが、その取りまとめに向け、今後どのように進めていくのかお伺いをいたします。

A 南沢郁一郎 都市整備部長

さいたま水上公園は、開園以来42年が経過し、施設の老朽化がかなり進んでおります。
このため、現在撤去作業をしている流れるプールに加え、平成27年度には、老朽化した室内プールについても利用停止を予定しております。
まず、流れるプール跡地の整備計画についてでございます。
整備につきましては、この水上公園の将来のあり方が定まっていないことから、暫定的に広場として整備を行います。
広場の中央部は、多目的な利用が可能な芝生広場として整備をする計画でございます。
また、広場の外周部には、樹木により木陰を設け、主に休憩スペースとしての利用を考えております。
夏のプール営業時はもちろん、一年を通じて利用ができるよう整備を進めてまいります。
次に、さいたま水上公園全体の方向性を出していくに当たっての、今後の進め方についてでございます。
まず、現在利用しているプール施設がいつまで利用可能か判断する必要があります。
このため、来年度、その判断材料となる地下に埋設した配管類の劣化状況調査を行う予定でございます。
将来の方向性については、アンケートなどにより、今後の公園施設に対する県民の二―ズを把握しながら、指定管理期限である平成28年度までに一定の結論を出してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?