Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月3日

平成25年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (権守幸男議員)

内方線付き点状ブロックの整備について

Q 権守幸男議員(公明

点字ブロックは私たち健常者にとっても既におなじみではありますが、この内方線付き点状ブロックは、ホームの内側に線状の突起を設けてホームの内、外が分かるようにするものです。線状の出っ張りがあるほうが電車の来ない安全な側ということになります。従来の点字ブロックだと、視覚障がい者の方が人混みでぶつかったりして方向が分からなくなった場合に危険であることから、新たに考え出されたものです。
ホームの安全対策としては、先に述べたホームドアが一番効果的ではありますが、多額な費用がかかるため、事前の対策として早急に実施すべきと考えるのが、この内方線付き点状ブロックです。本県も内方線付き点状ブロックの整備に向けて鉄道事業者向けの補助を今年度から開始したところですが、今後も一層の整備促進を図っていくべきと考えます。現状での進捗(しんちょく)状況と今後の取り組みについて伺います。

A 中野 晃 企画財政部長

国の整備方針では、1日の利用者が1万人以上の駅について可能な限り速やかに内方線付き点状ブロックの整備を実施することとされております。
本年9月1日現在、県内で1日の利用者が1万人以上の駅125駅のうち26駅に内方線付き点状ブロックが整備されております。
県では、内方線付き点状ブロックは視覚障害者の転落事故防止に有効であることから、今年度から鉄道事業者へ補助を行う市町村に対する支援制度を創設いたしました。
この支援制度を活用して、今年度は、東武東上線新河岸駅や東武伊勢崎線大袋駅など5つの駅に整備する方向で、市町村及び鉄道事業者と調整しております。
今後も、市町村と連携して県の支援制度の活用を働きかけるなど内方線付き点状ブロックの整備を鉄道事業者に働き掛け、さらなる整備促進に取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?