Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成25年6月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 6月17日(月曜日) > 浅野目義英(民) > 平成25年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (浅野目義英議員)

埼玉県議会 トップ写真

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月29日

平成25年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (浅野目義英議員)

旧埼玉県労働会館のその後について

Q 浅野目義英議員(民主・無所属

旧埼玉県労働会館のその後についてお伺いいたします。
議員各位のご高承のとおり、21年6月定例会で上程されたこの会館を廃止する条例は、賛成多数で可決、条例が可決しました。指定管理期間の終了、関係機関との調整の終了を経て、45年間の歴史に幕が閉じられました。
しかし、その後、利活用の検討なども進められてきましたが、老朽化が進み、耐震性の問題がありました。緊急輸送道路沿道構造物のこの建物が、災害時に国道17号をふさいでしまえば、大きな問題を引き起こしてしまうと心配もされました。よって、道路の安全性を確保するために、今年の1月から解体工事がスタートしました。しかし、住宅密集地にありましたし、隣の住宅と本当に近接をしていました。建物の一部にアスベストを含んだ材料が使用されたこともあり、大変な心配がされました。周囲への配慮が極めて求められる解体工事だと私も何度も議会で問い掛けをいたしました。
昨年の6月定例会では、解体工事に当たっては住民の方々に丁寧に説明し、万全の体制を整え、工事を行うことが必要であると考えているとの答弁をいただきました。丁寧な住民説明会が複数開催され、作業時間、騒音、振動対策、アスベストの撤去方法などについて、文書でも何度も通知されるなど、住民の方々の不安を払拭(ふっしょく)するよう県からは努力をいただきました。周辺住民からも、解体工事は円滑に進められている、感謝しているとの声があります。
さて、3点お伺いいたします。
1、現在の解体工事の進ちょく状況と今後の流れについて。
2、さいたま市内で緊急輸送道路である17号を、倒壊し、ふさいでしまうおそれのある県有財産はこれでなくなったのでしょうか、答弁してください。
3点目、近代美術館の駐車場としての利活用の提案をずっとし続けています。前回は、県から速やかに調査するとの答えをいただいています。その後どう進んでいるのか。
1から3まで、全て総務部長からの答弁を求めます。

A 三井隆司 総務部長

「旧埼玉県労働会館のその後について」お答えを申し上げます。
まず、解体工事の進捗状況と今後の流れについてでございます。
旧労働会館の解体工事に当たっては、建物が住宅密集地にあることから騒音や振動が極力発生しないよう周辺への配慮を行いながら進めております。
工事は順調に進み、地上部分の解体を終え、現在は基礎および地下部分の解体と杭を抜く作業を行っており、予定どおり8月末には終了する見込みでございます。
引き続き、住民の方々にご迷惑をおかけしないよう細心の注意を払いながら工事を進めてまいります。
次に、さいたま市内の国道17号をふさぐおそれのある県有施設でございますが、旧労働会館のほかには、現在耐震改修を進めている県営浦和第二高層住宅がございます。
耐震改修工事は平成26年度内に完了する予定となっており、工事完了後国道17号をふさぐおそれのある県有施設はなくなります。
次に、跡地利用の検討状況でございます。
議員ご提案の近代美術館の駐車場としての活用につきましては、現在近代美術館を所管する教育委員会と鋭意検討を進めているところでございます。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6250

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?