Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成25年2月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 3月1日(金曜日) > 菅 克己(民) > 平成25年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (菅 克己議員)

埼玉県議会

ここから本文です。

 

掲載日:2013年3月15日

平成25年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (菅 克己議員)

児童生徒一人当たり年間貸出し冊数の目標値を各学校で設定すべき

Q 菅 克己議員(民主・無所属

これまで提言した内容のインフラが整備された上で、児童生徒一人当たり年間貸出し冊数の目標値を設定して競うことを提案します。学校図書館の児童生徒一人当たりの年間貸出し冊数が高い学校は、さまざまな教育的効果が上がっているようです。県教育委員会の教育目標として、年間貸出し冊数の目標値を設定して、各学校でその目標達成に向けた具体的取組により、さらに教育の内容を充実していくことを期待するものです。
現在、子どもの読書活動の推進に関する法律に基づき、県では、第2次埼玉県子ども読書活動推進計画を策定し、実施に移されています。本計画には、学校図書館の貸し出し数値目標の記述はなく、公立図書館の貸し出し数値目標の記述だけです。公立小中学校の図書館業務は市町村管轄であり、県内各市町村の子ども読書活動推進計画を全て取り寄せてチェックしましたが、残念ながら公立小中学校の図書貸し出し冊数の目標値は設定されておりません。身近な学校図書館の貸し出し目標数値がないのは、管理指標もなく、やみくもに学校図書館業務を行っている感が否めません。それは、図書館管理業務について人的工面がしっかりされていない状況を見れば明らかであります。だからこそ数値目標を設けるべきと考えますが、教育委員会委員長に伺います。

A 斉之平伸一 教育委員会委員長

私は、各学校が目標値を適切に設定することは、学校図書館を活用し、読書活動の充実を図る上で、効果的な取り組みの一つであると考えております。
学校の中には、自校の教育計画のもと、目標となる読書量を設定したり、達成した児童生徒を表彰したりするなど、読書の意欲を向上させる取り組みを行っている学校もございます。
県教育委員会といたしましては、目標値を設定し学校図書館を効果的に活用した事例を県のホームページで紹介するなどにより、各学校が児童生徒の読書活動や学習活動のより一層の充実を図るよう支援してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6250

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?