Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成25年2月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 3月1日(金曜日) > 菅 克己(民) > 平成25年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (菅 克己議員)

埼玉県議会

ここから本文です。

 

掲載日:2013年3月15日

平成25年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (菅 克己議員)

学校図書館の所蔵書籍のデータベース化について

Q 菅 克己議員(民主・無所属

学校図書館図書標準を達成していても、その蔵書の内容が陳腐化していないか心配であります。
というのも、単に冊数の総合計だけ管理しているだけでは、冊数を満たしてしまえば、改善の必要性は感じなくなります。また、図書標準を達成している学校図書館でも、図書費用を減らされたくないという思いから、まだ十分に価値のある書籍を廃棄し、不足冊数を増やして予算確保に走ってしまうケースも見受けられます。
これらの問題に対処するために、学校図書館の所蔵書籍のデータベース化を、県が主体的立場で統一基準により構築すべきと考えます。これにより、蔵書の的確な新陳代謝を容易にします。冊数だけを維持する目標値だからこそ、何十年も前に発行された本ばかりで読みたい本がない、昔の学説が記載されている百科事典が後生大事に保管されているなどの事態になるのです。データベースを共有化すれば、課題図書など県内でいい取り組みがあれば、すぐさま情報を共有化できます。各学校に蔵書管理のインフラ整備を、それぞれゼロからの努力を強いるやり方は不合理、不経済の極みです。平成24年5月現在、学校図書館の蔵書のデータベース化が行われていない学校は、公立小学校で813校中383校、47.1パーセント、公立中学校420校中200校、47.6パーセントにもなります。データベース化は、県教育委員会や市町村教育委員会で統一した基準で行われているのでしょうか、書籍の内容について統一基準のデータベースを管理しているのでしょうか、教育長に伺います。

A 前島富雄 教育長

(3)「学校図書館の所蔵書籍のデータベース化について」のうち、県教育委員会や市町村教育委員会で統一した基準で行われているのかについてでございます。
県では、基準を設けておりませんが、市町村では、統一した基準のもと各学校のデータベース化を推進しているところもございます。
次に、書籍の内容について統一基準の管理がおこなわれているのか、についてでございます。
市町村の中には、書名、著者名はもとより、本の内容を歴史や科学など統一した基準で分類し、管内小中学校のデータを共有しているところもございます。
今後も、学校図書館が効果的に機能している事例を市町村対象の会議で示すとともに、教育委員会のホームページにも掲載し、学校図書館の一層の充実に努めてまいります。

再Q 菅 克己議員(民主・無所属

学校図書館のお話ですが、ちょっと今の答弁を教育委員長と教育長、お話聞いたんですが、何か人ごとのように評論家然とした答弁で、私は危機意識をさらに持ちました。
私は、もう十数校、県内の各校、さらには図書補助をされている方々のお話も聞く中で、これほどまでに充実しているところとそうでないところの違いがあるのかというのは歴然としています。そうでない、充実していない学校に行かなくちゃいけない子供たちには、当然機会を失わせることになります。今回の質問なんですが、データベース化をすることがまず基礎にあって、その上にさまざまな人的な工面をするようなことに、流れとして行ってほしいなというふうに思っています。先ほどの答弁では、やるんだか、やらないんだか、PRをする、そういうような支援をするということでありました。
最後に、関連してですね、今回の質問の中に、要は司書教諭さんが兼務をされている人、どのぐらいいるんですかという質問をしたときに、その当時ではデータがすぐに出てきませんでした。普通、こういうプロジェクトをする、何か企業がプロジェクトをするにはですね、経営資源をどう活用していくか。当然その中には、人工(にんく)をどう割いて、どのくらいの経費を使って、そして目標数字をどこに置くか、これが必ず求められるわけですけれども、一つも存在しないんです。そういう意味では、そういうことを一つずつ積み上げていくことが、その対応を改善していくことにつながると思いますが、是非ともデータベース化、行ってほしいと思いますが、もう一度答弁をお願いいたします。

A 前島富雄 教育長

所蔵書籍のデータベース化につきましては、市町村の創意工夫により、市町村教育委員会が主体的に行っていくべきものと考えております。
なお、市町村によっては、例えば上尾市は、国の緊急雇用創出事業を用いて、学校図書館のデータベース化を行い、管内の小中学校のデータを共有していると聞いております。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6250

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?