Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成25年2月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 3月1日(金曜日) > 菅 克己(民) > 平成25年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (菅 克己議員)

埼玉県議会

ここから本文です。

 

掲載日:2013年3月15日

平成25年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (菅 克己議員)

自主防災組織リーダー養成講座受講者等のその後の人材活用について

Q 菅 克己議員(民主・無所属

自主防災組織リーダー養成講座の受講者は、現在まで2,767名、この講座の受講者が、その後どんな活動をしているか把握されているのでしょうか。埼玉県防火防災指導者人材バンクを創設し、現在58名が登録され、各防災組織等に講師として派遣しています。このように、地域で防災組織のリーダーとして活躍していただきたい方々について、県はどのような人材管理をしているのでしょうか。人材活用をもっと機能するものにしていただきたいと思いますが、危機管理防災部長に伺います。

A 福島 亨 危機管理防災部長

県では平成14年度から自主防災組織リーダー養成講座をスタートし、現在までに2,767名を育成いたしました。
これらの方々は、自分の所属する自主防災組織において、住民の先頭に立って防災訓練などで活動していただいております。
本県には約5,000の自主防災組織がありますので、リーダー養成数はまだまだ足りない状況でございます。
リーダー数を急速に増やすためには、議員御指摘の「防火防災指導者人材バンク」の例にならい、優秀なリーダーの方々を講師として機能的に活用しリーダー養成やDIG訓練を拡大することが必要と存じます。
今後、市町村と協力して早期に具体化してまいりたいと存じます。
自主防災組織の強化やDIG訓練は、住宅地が圧倒的に多い本県では大変重要な防災対策でございます。
本県の主要な対策として重点的に取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6250

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?