Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (浅野目義英議員)

観光行政の一元化について

Q 浅野目義英議員(民主・無所属)

県庁内で観光行政を推進しているセクションは二つと申し上げました。後者、広報広聴課は魅力発信などを行っているようですが、観光政策の別動隊の色合いがあります。埼玉県観光行政を一元化し、県庁一体となり、施策が進められようにしたほうがいいと思います。
埼玉県観光需要喚起の効果を上げ、埼玉の観光立県への方向性が強化されるように思っています。知事に答弁をお願いします。

A 上田清司 知事

一口に観光行政についても、私は一元化ということについて限界があるという認識を持っております。観光課で実施している観光事業と、広聴広報課で実施しています魅力発信事業は自ずから異なっています。
例えば、私自身も月に1回、ナックファイブで5分程度、埼玉県の魅力を発信しているわけでありますが、これは観光だけに特化しておりません。
民間の防犯パトロール、いかに犯罪を減らしたかなどという話などを魅力の発信として訴えております。
また県民生活局が取り組んだ花のキャンペーン。これは結果的に秩父羊山公園の芝桜や、日高の曼珠沙華、四季折々の花が楽しめる権現堂堤などが大ヒットして、多くの観光客が訪れることになりました。これ、結果としてそういう形になっています。
公園スタジアム課が担当する さいたまスタジアム2002や、都市整備政策課が担当する さいたまスーパーアリーナで多くのイベントが開催されて、いろんな方々が内外から来られます。これも広い意味で観光でもあります。狭い意味では、魅力の発信につながっていくというふうに思っています。
また、広聴広報課が実施していますLOVE bicycle SAITAMAキャンペーンで自転車を巡っての埼玉の魅力発信、これも時に観光につながる可能性もあります。あるいは産業につながる可能性もあります。
このように観光課を一元化すればより強くなると言うのはなかなか難しいのではないかと思っています。
経済産業省に中小企業庁があります。一方では製造産業局がありますが、ここにはもうありとあらゆる分野の産業を担当している課がありますが、結果的にそこで中小企業問題を扱わないわけではありません。また農水産室まであるくらいです。なぜか経産省にですね。それから、現の観光庁にも、この国交省の中に小笠原総合事務所というのがあります。
この小笠原総合事務所は自主的に世界遺産であるこの小笠原の観光を担当しているようなもので、観光庁が担当しているわけではありません。
このように必ずしも全てが一元化して物事がうまくいくというふうに私は思っておりませんので、この点については、見る角度、それから行う視点によって中味が異なっていくのではないかということで、議員のご指摘とは私は一致いたしません。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?