• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

循環器・呼吸器病センター > 診療のご案内 > ラニチジン錠、注射液 自主回収(お知らせ)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月21日

ラニチジン錠、注射液 自主回収(お知らせ)

令和元年9月17日、厚生労働省より消化性潰瘍用剤【ラニチジン塩酸塩】製剤の安全性(発がん物質混入)の問題が指摘されました。このたび当該製薬会社より製品回収のお願いと、それに係る問合せ窓口開設(10月18日から対応)の連絡がありましたので、お知らせいたします。

 

 

当院では薬剤委員会(9月24日開催)でラニチジン塩酸塩の取扱いについて審議し、たとえ発がん性物質が許容範囲であっても、混入することは好ましくないとの意見が出され、審議の結果、同薬剤の使用を停止し、同系統の代替薬に変更することとしました。

患者さん、ご家族の皆様には、この度のお薬の変更に伴う来院でご迷惑、ご心配をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。なお、お手元にあるザンタック錠(先発品)、ラニチジン塩酸塩錠(ジェネリック医薬品)は調剤元の薬局(薬剤部)で回収いたします。

本件についてご心配・ご不明な点などあれば、医師、薬剤師等にお尋ねください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

病院局 循環器・呼吸器病センター  薬剤部 医薬品情報室(内線2143)

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?