ここから本文です。

義仲・巴バナー

埼玉県内の木曽義仲・巴御前に関連する史跡や資料をご紹介します。

武士コバトン

  義仲は、埼玉県嵐山町の出身といわれており、嵐山町にある「鎌形八幡神社」には、義仲が生まれたときに産湯として使用されたと伝えられる「木曽義仲産湯の清水」が残っています。

  義仲の父「源義賢(みなもとのよしかた)」は、埼玉県嵐山町大蔵の地に館を持っていました。この館が、敵対していた源義平(悪源太義平)の軍勢に襲撃されたとき、義仲は2歳の幼い子供でした。  父・義賢が義平軍の襲撃により命を落としたとき、義仲も殺される運命にあったのですが、幼い子供に刃を向けることをためらった畠山重能(はたけやま・しげよし)が、斎藤実盛に義仲の身柄を預け、密かに木曽(現在の長野県)へ逃がしたといわれています。

  木曽の地で成長し立派な武者となった義仲は、平清盛のために皇位継承争いに敗れた「以仁王(もちひとおう)」が平家討伐の令旨を全国へ発した際、これに応じて挙兵しました。
平家の軍勢を破り京へ入京した後、征東大将軍の地位に任じられる程の出世をしましたが、後白河法皇(ごしらかわほうおう)と対立したため追われる身となってしまいました。後白河法皇の命を受けた源頼朝の軍に追われ、最期は近江国粟津(現在の滋賀県大津市)で討たれたといわれています。 

  先述のように、時の権力者と対立し追われる身となったためか、義仲に関する歴史資料は少なく、後の世において「逆賊」「乱暴者」などの不当な評価を受けることもあったようです。しかし、義仲にゆかりのある地域では、義仲を悼む法要や義仲の活躍をテーマとしたイベントが催されるなど、新しい時代を拓いた英雄として扱われています。

 

  巴御前は義仲とともに戦場で活躍したといわれる女武者です。平家物語では、色白で髪の毛の長い、美しい女性であったと記載されています。生い立ちなどは不明な点が多い人物ですが、木曽義仲が頼朝の軍勢に追われた時、仲間が次々と討たれ最後の数騎となっても巴御前は義仲とともに居たといわれていますから、戦においても他に並ぶ者の無い女性だったようです。

  平家物語「木曽の最期」の中では次のようなエピソードが描かれています。 最後に残った兵たちとともに敗走する途中、義仲は巴御前に「お前は女であるからどこへでも逃れて行け。自分は討ち死にする覚悟だから、最後に女を連れていたなどと言われるのはよろしくない」と命じました。 巴御前は、最初はそれを聞き入れず「最期まで一緒に戦います」と返しますが、重ねて離脱を命じられたため「最後の戦をご覧にいれます」と言って、敵の武者を討ち取って見せました。その後、巴御前は鎧兜を脱ぎ棄て、馬に乗っていずこへか去っていきました。
  また、「源平盛衰記」の中では、強力と名高い「畠山重忠」と一騎打ちをしたというエピソードも描かれています。この話は後の創作である可能性が高いといわれていますが、これを題材とした絵画や江戸時代の絵本なども存在しており、人々の人気が高かったことが伺えます。

 

義仲・巴ゆかりの地の地図

嵐山町

義仲の父・源義賢の勢力範囲であったため、幼い義仲や遺臣の伝承が多く残ります。

木曽義仲産湯の清水

 鎌形八幡神社の写真

スポット紹介 嵐山町にある「鎌形八幡神社」の敷地内に湧く清水。木曽義仲が生まれた際に、産湯として使われた清水の一つと言われています。
場所 比企郡嵐山町鎌形1993
関連ページ

嵐山町ホームページ(http://www.town.ranzan.saitama.jp/0000003379.html

 班渓寺

班渓寺の写真

スポット紹介 義仲の妻「山吹姫」が、義仲やその息子「義高(よしたか)」を追福するために草創したといわれています。
場所 比企郡嵐山町鎌形1907
関連ページ

嵐山町ホームページ(http://www.town.ranzan.saitama.jp/0000003381.html

大蔵館跡

スポット紹介 義仲の父、源義賢(よしかた)の館があった場所。発掘調査の結果、柱が建てられた跡などが見つかっています。現在、周辺は住宅地となっています。
場所 嵐山町大蔵
関連ページ

嵐山町ホームページ(http://www.town.ranzan.saitama.jp/0000003377.html

源義賢五輪塔

源義賢五輪塔の写真

スポット紹介 源義賢の墓と伝えられている五輪塔
場所 嵐山町大蔵
関連ページ

 

 熊谷市

斎藤実盛の本拠地があったため、伝承地が残ります。

妻沼聖天山

斉藤実盛の像

妻沼聖天山の写真

スポット紹介 義仲を木曽(現在の長野県)へ逃がした斎藤実盛ゆかりの寺院。先祖にあたる藤原利仁将軍が歓喜天を信仰したことから、実盛がこの地に聖天宮を奉ったと伝えられています。
場所 熊谷市妻沼1511
関連ページ

熊谷市ホームページ(https://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/midokoro/menumasyoudenzan/index.html)

スポット情報

平成31年4月16日(火曜日)から22日(月曜日)まで、23年ぶりに、秘仏御本尊の御開扉が執り行われます。

  実盛塚

スポット紹介 斎藤実盛ゆかりの塚。付近に斎藤実盛の屋敷跡がありました。
場所 熊谷市西野444

 斎藤塚

スポット紹介 実盛の子が父の遺物を埋めたなどの伝承が残る塚。
場所 熊谷市弥藤吾2450

深谷市

畠山重忠の本拠地があったため、伝承地が残ります。

畠山重忠公史跡記念公園(畠山館跡)

畠山重忠の像の写真 畠山重忠の墓の写真

スポット紹介 畠山重忠の父・重能(しげよし)が居住した館がありました。現在は公園となっています。
公園内には「畠山重忠公の墓」といわれ、埼玉県の指定文化財ともなっている五輪塔があるほか、「重忠公産湯の井戸」や「重能墓」もあります。
場所 深谷市畠山510-2
関連ページ

深谷市観光協会(http://www.fukaya-ta.com/midokoro/shigetada/

榛沢六郎成清の供養塔

榛沢六郎成清の供養塔の写真

スポット紹介 畠山重忠が最も信頼したという家臣、榛沢六郎成清(はんざわろくろうなりきよ)の供養塔。榛沢六郎成清は重忠に従って木曽義仲追討に参加していました。
場所 深谷市後榛沢437
関連ページ

 

岡部六弥太忠澄の墓

岡部六弥太忠澄の墓の写真

岡部六弥太忠澄の墓の写真

スポット紹介 岡部六弥太忠澄(おかべろくやたただずみ)は、平家物語によれば、義経に従って義仲追討に参加したと記載されています。
場所 深谷市普済寺811-1
関連ページ

深谷市観光協会(http://www.fukaya-ta.com/midokoro/rokuyata/) 

岡部神社

岡部神社の写真

スポット紹介 岡部六弥太忠澄が一の谷の戦功の報賽に社前に植えたといわれる杉があります。
場所 深谷市岡部705
関連ページ

 

嵐山町

清水八幡

清水八幡の写真

スポット紹介 義仲の息子、清水冠者義高(しみずのかじゃ・よしたか)を祀る神社。
義高は、義仲と頼朝との和睦の証としての鎌倉へ送られたました。頼朝の娘・大姫(おおひめ)の許婚として迎えられましたが、義仲が討たれ、義高も命を狙われる立場となりました。許婚である大姫の計らいで鎌倉から脱出しましたが、現在の狭山市内・入間川の付近で討たれたといわれています。入間川の洪水により何度か場所が変更になりましたが、昭和34年に現在の場所へ再建されました。
場所 狭山市入間川3-35
関連ページ

狭山市ホームページ(https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/rekishi/jinjya/irumagawa_chiku/simizuhatimanguu.html

影隠地蔵

影隠地蔵の写真

スポット紹介
義仲の息子、義高が鎌倉を逃れこの地へ着いたとき、追っ手に見つかりそうになったところ、この地蔵の陰に隠れて一時難を逃れたという言い伝えがあります。
現在は石のお地蔵様ですが、当初は木造であったといわれています。
場所 狭山市柏原204番地の1
関連ページ

狭山市ホームページ(https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/rekishi/siteibunkazai/kagekakusijizou.html