ここから本文です。


インダストリアルツーリズムロゴ

 

 

弓削多醤油株式会社

弓削多醤油株式会社の写真1

 

弓削多醤油の「醤遊王国」は、醤油にまつわる“あれ・これ“が楽しく学べる場所。醤油をしぼる前の「もろみ」が桶の中で発酵、熟成していく様子を見たり、においを嗅いだりできる場所や、昔ながらの醤油しぼりを体験できる装置も備えています。工場見学では、大豆を蒸したり、小麦を炒ったりしているところを見ながら、醤油ができるまでの説明が受けられます。


弓削多醤油株式会社の写真2

 

弓削多醤油株式会社の写真3

 

弓削多醤油株式会社の写真4

 

弓削多醤油株式会社の写真5

   


醤油製造見学内容
 

DATA



電話 042-985-8011
WEBarrowMAParrow
住所 日高市田波目804-1
アクセス 関越自動車道「鶴ヶ島I.C.」より車で20分
駐車場 駐車場あり 20台 大型可
定休 年末年始

 

 問合せ・見学予約方法 電話にて問合せ(9時00分~17時00分)
 受入時間帯 9時30分~15時30分
 受入人数 最大40名
 見学所要時間 見学、買い物合わせて60分
 注意事項 工場ですので危険箇所や車の出入りがあります

 

 

周辺情報


 

 巾着田の曼珠沙華

電話 日高市観光協会電話
MAParrow


市内の中央を流れる高麗川が蛇行し、上空から見ると巾着袋の形をしているところから「巾着田」と呼ばれています。日本有数の曼珠沙華群生地として知られています。
住所
日高市高麗本郷125-2
アクセス
西武池袋線「高麗駅」下車徒歩約15分
営業時間
8時30分~17時15分
※曼珠沙華開花時期は、入場料300円
巾着田の曼珠沙華の写真

 

 川越蔵造りの町並み

電話 (公社)小江戸川越観光協会  049-227-8233
WEBarrowMAParrow


川越には「蔵造りの町並み」が今も残っています。蔵造りは類焼を防ぐための巧妙な耐火建築で、江戸の町家形式として発達したものです。江戸の面影をとどめています。
住所
埼玉県川越市元町1-15-8
アクセス
西武新宿線「本川越駅」下車 徒歩10分、東武東上線・JR川越線「川越駅」下車徒歩20分 東武バス「一番街」下車すぐ
川越蔵造りの町並みの写真1川越蔵造りの町並みの写真2