ここから本文です。

 

インダストリアルツーリズムロゴ

 

 

武州中島紺屋

武州中島紺屋の写真1

武州中島紺屋title

 

天保8(1837)年に創業した中島紺屋。紺屋とは、元来、布を藍で染める業の者を指し、転じて広く「染め物屋」を意味する言葉でもあります。古くから人々の生活に密着してきた藍染めは「ジャパン・ブルー」とも呼ばれ、空気に触れるたびに深みを増す染め物。工房が公開されている中島紺屋では、藍の染場を見て染色工程を学んだり、ハンカチやスカーフを自分で染める「藍染め体験」ができます。

 

武州中島紺屋の写真2

 

武州中島紺屋の写真3

 

武州中島紺屋の写真4

 

武州中島紺屋の写真5

武州中島紺屋の写真6

 

 

DATA

 

電話 048-561-3358
WEBarrowMAParrow
住所 羽生市小松223
アクセス 東北自動車道「羽生I.C.」より15分
駐車場 駐車場あり 20台 大型可(10台)
定休 土曜日、日曜日、祝日

 

問合せ・見学予約方法 電話にて問合せ(10時00分~16時00分)、ファックス 048-561-3318にて申込
受入時間帯 10時00分〜15時00分
受入人数 10〜150名まで
見学所要時間 90分
注意事項 汚れてもいい服装でお願いします

 

 

周辺情報

 

妻沼聖天山「歓喜院聖天堂」  

電話番号 寺務所  048-588-1644
MAParrow


本殿は国宝に指定されています。日本三大聖天さまの一つとして知られ、特に縁結びの霊験あらたかで、夫婦の縁はもちろんのこと、家内安全・商売繁盛・厄除け開運・交通安全・学業成就などのあらゆる良縁を結んで頂けます。
住所
熊谷市妻沼1511
アクセス
JR高崎線「熊谷駅」下車 朝日バス「太田駅」「西小泉駅」
「妻沼聖天前」行き「聖天前」よりすぐ
営業時間
9時30分~16時30分(拝観受付16時00分まで)
拝観料:700円※中学生以下は無料
妻沼聖天山「歓喜院聖天堂」の写真