ここから本文です。

グルメ

ここから本文です。

伝統の味

うなぎ

うなぎ

沼地が多く、川魚が多く生息する水郷地帯であった浦和近郊では、江戸時代からうなぎ料理が親しまれていました。200年経った今も、お店ごとの伝統の味が引き継がれており、さいたま市浦和区には、うなぎ専門店が多く残っています。

うどん

うどん

埼玉は全国でも有数の小麦の生産地。300年以上の歴史を誇る加須の手打ちうどん、川幅が広いことにちななんだ鴻巣川幅うどん、ごま味噌風味の冷や汁に麺を付けて食べる川島町のすったてなど、各地に様々なタイプのうどんがあります。

草加煎餅

草加煎餅

草加は昔から米どころと言われ、多くの米がとれたことから、農家の人たちは余った米を保存するために団子状にした米を乾かしたものを保存食として作っていました。 草加市内には多くの草加せんべい店があり、手焼き体験ができるところもあります。

川越芋菓子

川越芋菓子

甘い川越いもは江戸時代、「栗より旨い十三里」と大流行しました。市内各所にはサツマイモを使った料理やお菓子を扱うお店がたくさんあります。昔ながらの芋菓子から新しいアイディアのつまった芋菓子まで楽しむことができます。

狭山茶

狭山茶

“色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす”と「狭山茶摘み歌」にも歌われる、狭山茶の特徴である深い味わいは、寒い冬を乗り越えることでいっそう深まり、また“狭山火入”という独特の仕上げ技術により、甘くて濃厚なお茶になります。

みそポテト

みそポテト

秩父地域で農作業の合間に食べられていたおやつ「小昼飯(こじゅうはん)」の一つです。茹でたジャガイモに衣をつけて油で揚げ、甘味噌をかけていただきます。衣のサクサク感にほかほかのジャガイモ、そこにかけられる甘味噌がたまりません。

埼玉S級グルメ

デジタルカタログはこちら