ここから本文です。

伝統的手工芸品

秩父銘仙

10代崇神天皇の御代に知々夫彦命が国造として秩父に来任し、住民に養蚕と機織りの技術を教えたのが始まりとされる。初期の糸染加工に加え、ほぐし加工の技術を取り入れている。

・埼玉県知事指定 伝統的手工芸品

基本情報

主な製造地 秩父市、秩父郡
問合せ先 秩父銘仙協同組合
TEL 0494-26-5400
FAX 0494-26-5401