ここから本文です。

伝統的手工芸品

行田足袋

行田足袋の起源は、奈良時代にさかのぼり、寛永11年(1634年)には領民の内職として製造されていました。明和2年(1764年)の文献に「忍ざしの足袋銘産なり」の記述があり、既に全国的に有名でした。

埼玉県知事指定伝統的手工芸品

基本情報

主な製造地 行田市、羽生市、加須市