ここから本文です。

伝統的手工芸品

長板中型

草加付近は、江戸時代の木綿の普及とともに、農閑期を利用して長板中型と呼ばれるゆかた地の型付けと染色技術の普及によって産地が形成されていました。
中川・綾瀬川など水量の豊かな清流と江戸という大消費地に隣接していたことも発展の大きな要因となりました。
「中型」とは、型紙の柄の大きさが小紋より大きく大紋より小さいことから呼ばれ、ゆかたの代名詞としても使われています。
主製品のゆかた地のほか、風呂敷、手ぬぐいなどを生産しています。 ※長板…生地を張って糊を置くための板です。
・埼玉県知事指定伝統的手工芸品

基本情報

主な製造地 草加市周辺