ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月22日

日中水環境技術交流会

今秋、中国浙江省紹興市で開催する「第7回日中水環境技術交流会」への参加企業を募集します
-水質汚濁・水処理問題などに悩む中国政府・企業等が環境対策技術を求めています-

 埼玉県環境科学国際センターは、中国科学技術協会の要請を受け、「第7回日中水環境技術交流会」を浙江省紹興市で開催します。

 市の面積の10%を運河とクリークが占め、「水の故郷」とも呼ばれる紹興市は、近年、飛躍的な経済成長に伴い水環境が著しく悪化して

います。このため、水質汚濁や水処理問題などに悩む中国政府や中国企業等が環境対策技術を強く求めています。

 ついては、技術交流会に参加する日本の企業の皆様を募集いたします。是非、積極的に御参加ください。

 なお、この技術交流会は平成22年度から中国各地で開催しており、実際の商談に結びつく成果も出ています。

 参加の御意向のある方は、10月4日(水曜日)までに別紙の申込書をお送りください。 

1.「第7回日中水環境技術交流会」の概要 

1 期 日 平成29年10月25日(水曜日)~10月27日(金曜日)

2 場 所 中国浙江省紹興市

3 主 催 埼玉県、中国科学技術協会、浙江省科学技術協会

4 後 援 公益財団法人埼玉県産業振興公社、株式会社埼玉りそな銀行、国立研究開発法人科学技術振興機構

5 テーマ 水資源の持続的な発展

6 中国側参加者 企業の経営者・技術責任者・管理責任者、公務員、大学・研究機関の研究員など200名程度

7 実施内容

 

実   施   内   容

10月26日

10月27日

1

中国企業、中国環境行政担当等への研修会 ※1

午前・午後 

午前まで

2

日本企業による環境技術紹介・製品紹介等のプレゼンテーション

午前・午後

午前まで

3

参加日本企業による展示会・技術相談(10月25日展示等準備)※2

午前・午後 

午前まで

4

中国企業、中国地方政府等との交流会 

午前・午後 

午前・午後 

5

紹興市内企業等視察・商談会 ※3

午後から

※1 研修内容:日本における先進的な水・土壌汚染対策技術

 講 師:埼玉県環境科学国際センター研究所長他の研究者

※2 企業製品のデモンストレーションを行うことも可能

※3 水問題を抱える現地の視察や商談会を行います。

2.参加企業の募集

今回のテーマに関する企業、特に、(1)先進的な水質管理・水処理技術、(2)先進的な土壌汚染対策、(3)環境技術に関する実証事例、などに関する技術提供や中国企業との交流に関心のある日本企業の皆様の参加を募集します。

1 参加方法 

 日中水環境技術交流会は、上記の実施内容に記載されている1から5について任意にお選びいただき参加することができます。

 例えば、1から5全てに参加した場合には最大3日間、5の紹興市内企業等視察・商談会のみであれば1日の参加となります。

2 参加費用・申し込み

(1) 本事業は渡航費自己負担による現地集合です。

 実施内容に記載されている1から5すべてに参加の場合、参加費用は1企業当たり2、000中国人民元(約3万3千円程度)となります。

※ 費用内訳 展示ブースの看板等設置費、技術・製品紹介等時の通訳費など。

(2) 申込期限 10月4日(水曜日)

(3) 申込・問い合わせ 環境科学国際センター研究企画室 田口

 電話 0480-73-8365 ファックス 0480-70-2031   Eメール:taguchi.noriyoshi@pref.saitama.lg.jp

 お申し込みは、申込書(ワード:40KB)を御使用ください。

3.当交流会の概要

  • 当交流会は、中国科学技術協会の開催要請を受けて、これまで、吉林省(H22)、貴州省(H23)、浙江省嘉興市(H25)、浙江省杭州市(H26)、陝西省西安市(H27)、山東省青島市(H28)で開催しており(H24は四川省を予定していましたが中止)、中国で高い評価を受けています。
  • 実際の商談に結び付く成果も出ています。 
  • 参加に当たり交流会への希望(展示会や技術相談会の方法等)があれば、中国側に伝えることができますので、お申し出ください。
  • 交流会の模様は、中国の中国通信社、国際日報、地元新聞などのメディアに取り上げられています。 

 4.海外ビジネスに関するご相談

当交流会を含む海外ビジネスに関するご相談は、お近くの埼玉りそな銀行または下記でも受け付けています。 

埼玉りそな銀行 法人部 国際事業室

  • 電話 048-814-5456
  • ファックス 048-824-8901

過去の日中水環境技術交流会(第1回~第6回)

この交流会は、中国科学技術協会からの開催要請を受けて、平成22年に開始され、これまでに6回開催してきました。
中国で高い評価を受け、実際の商談に結び付く成果も出ています。

これまでの開催状況は、以下のとおりです。

回次 年度 開催省市 中国側参加者
 第1回  H22  吉林省長春市   94名
 第2回  H23  貴州省貴陽市  113名
   H24  四川省成都市  (中止)
 第3回  H25  浙江省嘉興市  170名 
 第4回  H26  浙江省杭州市  450名
 第5回  H27  陝西省西安市  360名

   第6回

  H28

   山東省青島市

  411名

 

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

電話:0480-73-8365

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?