環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究員紹介 > 白石 英孝 しらいし ひでたか

ここから本文です。

 

掲載日:2020年4月30日

白石 英孝 しらいし ひでたか

 所属・職名

土壌・地下水・地盤担当 専門研究員

 専門学問(環境)分野

物理探査(微動探査)、実験モード解析

 関心のある研究テーマ、 今後の抱負

微動探査法の適用範囲の拡大、簡便化、高精度化など

 学位

博士(学術)(東北大学)

学位論文題目:複素コヒーレンス関数を用いた微動の位相速度計測法に関する研究

 経歴

1982年 北海道大学工学部機械工学第2学科(流体工学第2)卒業

1982年 埼玉県庁 環境部公害センター特殊公害科

1992~1995年 環境部大気保全課大気保全係

1996~1999年 公害センター騒音振動科

2000~2010年 環境科学国際センター 地質地盤・騒音担当

2005~2007年 東北大学 大学院環境科学研究科 環境科学専攻 博士後期課程在学

(太陽地球システム・エネルギー学講座 太陽地球計測学分野)

2011~2013年 土壌・地下水・地盤担当

2014年~ 研究推進室 副室長・室長

2019年 土壌・地下水・地盤担当

 所属学会

物理探査学会、日本地熱学会、日本地球惑星科学連合、アメリカ地球物理学連合(AGU)

 センターにおける調査・研究テーマ

自主研究事業

  • 微動探査法における深度方向指向性に関する研究(平成23~24年度)
  • 環境被害の軽減を目的とした地域地震動特性の解析と詳細情報の整備(平成20~22年度)
  • 表面波伝搬特性に関する基礎的研究(平成17年度)
  • 発生源低騒音化手法の開発(平成12~16年度)
  • 地域地震動特性に関する研究(平成12年度)

 外部競争的資金による研究(研究代表)

  • 機動観測を可能とする短時間計測地震波干渉法の開発(科研費 基盤(C)/平成27~30年度)
  • アレイの指向性制御によるFocused微動探査法の開発(科研費 基盤(B)/平成23~25年度)

 研究業績

査読付き原著論文

【筆頭】

  • 白石英孝、八戸昭一、佐坂公規(2016)埼玉県加須低地のS 波速度構造調査、物理探査、69(4)、289-296.
  • 白石英孝、浅沼宏(2009)任意形状アレーを用いた微動探査における位相速度の直接同定法、物理探査、62(3)、339-350.
  • 白石英孝、浅沼宏(2007)エリアジング領域における2点アレーの時空間応答特性、物理探査、60(2)、203-212.
  • H. Shiraishi, T. Matsuoka and H. Asanuma (2006) Direct estimation of the Rayleigh wave phase velocity in microtremors, Geophysical Research Letter, 33, L18307.
  • 白石英孝、松岡達郎、浅沼宏(2005)円形アレーを用いた微動探査法における位相速度の直接同定法、物理探査、58(6)、643-651.
  • 白石英孝、松岡達郎(2005)Lambの問題に基づくレーリー波複素コヒーレンス関数の離散定式とその応用-空間自己相関法の新しい解釈-、物理探査、58(2)、137-146.
  • 白石英孝(1989)新幹線高架構造物から発生する低周波音について、騒音制御、13(5)、283-286.

【共著】

  • 濱元栄起、白石英孝、八戸昭一、石山高、佐竹健太、宮腰昭暢(2014)地中熱利用システムのための地下温度情報の整備とポテンシャルの評価、67(2)、107-119.
  • 松岡達郎、白石英孝(2002)関東平野の深部地下構造の精査を目的とした微動探査法の適用性-埼玉県南部地域の3次元S波速度構造の推定-、物理探査、55(2)、127-143.
  • 松岡達郎、白石英孝、梅沢夏実(2000)深部地下構造推定のための微動探査法の適用方法に関する検討-深層ボーリング資料を利用した位相速度の逆解析-、物理探査、53(1)、12-18.
  • 松岡達郎, 白石英孝, 毎熊輝記(1987) 常時微動の伝達関数測定による低層住宅の動特性の決定、物理探査、40(2)、117-128.

埼玉県環境科学国際センター報

  • 白石英孝(2014)微動探査法における深度方向指向性の研究、14、107-108.
  • 白石英孝(2006)発生源低騒音化手法の開発、6、142-143.
  • 白石英孝(2003)地域地震動特性解析に関する研究、3、136-141.

国際学会プロシーディング

【筆頭】

  • H. Shiraishi and H. Asanuma, Detection properties of phase velocities with SPAC arrays including structural boundary, Abstract S43A-1783 presented at 2013 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 9-13, Dec. (2013)
  • H. Shiraishi and H. Asanuma, Vertical directivities of seismic arrays on the ground surface, Abstract S51C-2440 presented at 2012 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 3-7, Dec. (2012)
  • H. Shiraishi, H. Asanuma and K. Tezuka, Experimental feasibility study of microtremor time-lapse monitoring of Japanese oil and gas reservoirs, Proc. KACST-JCCP 1st Joint International WS for the Earth's Surface and Subsurface 4D monitoring in 2012. (2012)
  • H. Shiraishi, K. Sasaka, H. Hamamoto, S. Hachinohe and T. Ishiyama, Evaluation of shallow subsurface models with microtremor survey method for earthquake disaster prevention. Abstract S53B-2296 presented at 2011 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 5-9 Dec. (2011)
  • H. Shiraishi, H. Asanuma and K. Tezuka, Estimation of velocity structure around a natural gas reservoir at Yufutsu, Japan, by microtremor survey, Abstract S43B-2066 presented at 2010 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 13-17 Dec. (2010)
  • H. Shiraishi and H. Asanuma, An estimation technique of Rayleigh wave phase velocities using arrays with arbitrary geometry, Abstract S23A-1869 presented at 2008 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 15-19 Dec. (2008)
  • H. Shiraishi, T. Matsuoka and H. Asanuma, Direct estimation of the Rayleigh wave phase velocity in microtremors, Abstract S42A-01 presented at 2005 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 5-9 Dec. (2005)

【共著】

  • S. Yokoshima, Y. Matsumoto, H. Shiraishi, A. Ota and A. Tamura, Effects of house vibration on community response to ground transportation noise, 42nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering 2013, 4556-4561 (2013)
  • H. Hamamoto, M. Yamano, S. Goto, S. Hachinohe, H. Shiraishi, T. Ishiyama, A. Miyakoshi, M. Taniguchi, H. Arimoto and K. Kitaoka, Reconstruction of the thermal environment evolution from subsurface temperature distribution in Japan and Thailand, Abstract GC23C-1084 presented at 2012 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 3-7, Dec. (2012)
  • H. Hamamoto, S. Hachinohe, H. Shiraishi, T. Ishiyama, K. Sasaka, A. Miyakoshi and S. Goto, Subsurface environment database for application of ground heat exchanger system, Abstract U23A-0015 presented at 2010 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 13-17, Dec. (2010)
  • H. Hamamoto, S. Goto, M. Vuthy, J. Nishijima, M. Yamano, M. Taniguchi, A. Miyakoshi, S. Hachinohe, K. Sasaka, and H. Shiraishi, Reconstruction of the thermal environment evolution from subsurface temperature distribution in large cities in East Asia, Abstract GC13A-0701 presented at 2009 Fall Meeting, AGU, San Francisco, Calif., 14-18, Dec. (2009)
  • S. Hachinohe, H. Shiraishi, T. Matsuoka and M, Nakamura, Exploration of precise subsurface structures for estimating aquifers using microtremor survey method, Proceeding of the Fifteenth Southeast Asian Geotechnical Conference, Vol.1, 969-974(2004)
  • T. Matsuoka and H. Shiraishi, S-wave velocity structures precisely estimated from the microtremor survey method in the central Kanto plain, Japan, Proceedings of Workshop on Probing Earth Media Having Small-Scale Heterogeneities, 36-37(2004)
  • T. Matsuoka, H. Shiraishi and S. Hachinohe, Estimation of three-dimensional S-wave velocity structure using microtrmor array observation in the central Kanto Plain, Japan, Proceedings of the 6th SEGJ International Symposium - Imaging Technology -, 429-436(2003)

招待講演

  • 白石英孝(2011)地表微震動(微動)を用いた家屋/地盤の応答解析、日本モーダル解析協議会2011年度第28回技術講演会、中央大学理工学部

 表彰等

全環研関東甲信静支部 支部長表彰(H27)

日本学術振興会 科研費審査委員表彰(H26:地球・資源システム工学)

物理探査学会論文賞(H22)

埼玉県職員功績表彰(H13:地質地盤・騒音担当)

 学会活動

騒音制御工学会 環境振動評価分科会 委員(H14-)

 社会的貢献・活動

中央大学 理工学部 精密機械工学科 音響システム研究室(戸井研究室)共同研究員(R1~)

国士舘大学 理工学部 非常勤講師(H28)

日本学術振興会 科研費第1段審査(書面審査)委員(H25-26)

草加市特定商業施設居住環境審議会委員(H20)

 

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?