Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月14日

浸水対策

公共下水道における浸水対策

近年、短時間に集中的、局地的に発生する大雨(いわゆるゲリラ豪雨)が頻発しており、急な河川の増水による氾濫や内水※による浸水被害が発生しています。

このような都市型水害から、県民の生命・財産を守るには、雨水を排水する管渠や調整池などの施設整備を着実に推進するとともに、内水ハザードマップの作成などのソフト対策を推進する必要があります。

※河川の水を「外水(がいすい)」と呼ぶのに対し、堤防で守られた内側の土地(人が住んでいる場所)にある水を「内水(ないすい)」と呼びます。

写真-内水による被害状況

内水による被害状況写真交差点が雨水でいっぱいになっている 内水による被害状況写真道路に雨水があふれ川のようになっている

主な取組

(1)下水道(雨水)の整備

県内では、57市町で雨水排水施設の整備に取り組んでいます。

平成29年度末現在、約32,640haで雨水排水施設が整備されており、事業計画面積(約63,299ha)に対する進捗率は51.6%となっています。

(2)内水ハザードマップの作成

内水ハザードマップは、過去に浸水が発生した区域や今後浸水が想定される区域を表示するとともに避難方法等に関する情報を記載したものです。

日頃から内水ハザードマップを活用した防災訓練等を実施することで防災意識の向上を図り、自発的に避難できる心構えを養うことが大切です。

平成29年度末現在、47市町において作成されています。

内水ハザードマップ(浸水想定区域図)については、各市町のホームページで公表しているほか、下記リンク先からも検索ができます。

内水ハザードマップ公表状況(国土交通省ハザードマップポータルサイトへリンクしています)

(3)河川と下水道等の連携

県では、浸水被害を早期に解消するため、河川と下水道による一体的な整備に取り組んでいます。

これまでに20の市と河川・下水道の事業調整のための協議会を設置し、具体的な事業スケジュールなどの調整を行っています。

協議会を設立している市:さいたま市、川口市、春日部市、羽生市、草加市、越谷市、戸田市、八潮市、三郷市、蓮田市、幸手市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、所沢市、狭山市、入間市、富士見市、川越市、久喜市

河川管理者と下水道事業者との協議の様子

写真-河川管理者と下水道事業者との協議の様子

お問い合わせ

下水道局 下水道事業課 計画・公共下水道担当

郵便番号330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目13番3号 埼玉県衛生会館2階

ファックス:048-830-4884

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?