Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月6日

地域連携事業

治水対策一本で進めてきた、かつての事業から、今は河川に「清流」や「安らぎとにぎわい」などを求め、環境との両立を考える河川改修を進めています。

当事務所では、地域住民の皆さまや地元の市町村、河川愛護団体等、と協議・調整を行いながら、いくつかの事業を実施しています。

ここでは、代表的な地域連携事業を紹介します。

市野川クリーンアップ作戦の様子

ふれあい市野川クリーンアップ作戦

近年、身近な自然環境のひとつとして、河川環境への注目が高まっています。

比企地域を流れる市野川では、地域住民の河川環境への関心を高めるととともに、「より良い川づくり・地域づくり」を目指して、地域住民、団体、企業、行政の協働により、平成16年度から、川とふれあいながら、川をキレイにする「ふれあい市野川クリーンアップ作戦」を開催してきました。なお、当事務所は平成27年度から、主催である『協議会員』から『協力団体』へ移り、協議会を支援することとしました。

平成29年度ふれあい市野川クリーンアップ作戦(第14回)

平成29年度は、東松山市や吉見町を中心とした地域住民の皆さま、民間企業など、約700人に参加していただき、河川敷の清掃を実施しました。清掃の結果、2t車3台分のゴミを回収することができました。

当日は、河川清掃のほか、市野川の生物採取や展示、県の道路事業や河川事業を紹介したパネル展示が行われました。

 

 

 平成29年度の様子

平成29年度は、平成29年11月11日(土曜日)に第14回ふれあい市野川クリーンアップ作成を実施しました。

主催:市野川クリーンアップ作戦協議会

[協議会メンバー]

  • 東松山市下松本町自治会
  • 吉見町根古屋地区
  • 東松山ロータリークラブ
  • 東松山むさしロータリークラブ
  • 東松山市商工会
  • 吉見町商工会
  • (社)比企青年会議所
  • (一般社団法人)埼玉県建設業協会比企支部
  • (一般社団法人)埼玉県測量設計業協議会西部地区協議会
  • 比企の川づくり協議会
  • ボーイスカウト東松山第一団
  • 東京電力(株式会社)熊谷支社
  • 埼玉トヨタ自動車(株式会社)東松山店

[協力団体]

  • 東松山県土整備事務所
  • 東松山市役所
  • 吉見町役場
  • 埼玉県警東松山警察署
  • その他多数

 

 【過去のクリーンアップ作戦の様子】

平成20年度ふれあい市野川クリーンアップ作戦(第4回)

平成20年度は、地元住民の皆さまを中心に約550名に参加をいただいて、地域の大切な財産である「市野川」のクリーンアップ作戦を展開しました。

また当日は、河川敷のゴミを拾ったほか、河川愛護団体である「比企の川づくり協議会」の皆さまを中心に、川に棲息する魚類の生き物調べや、地元ロータリークラブの皆さまより豚汁を振る舞っていただいて地域の交流などを行いました。

日時:平成20年11月15日(土曜日)9時30分~12時

場所:吉見百穴前 市野川河川敷

案内チラシ(PDF:299KB)

第4回クリーンアップ作戦の様子1 第4回クリーンアップ作戦の様子2

第4回クリーンアップ作戦の様子3 第4回クリーンアップ作戦の様子4

平成18年度ふれあい市野川クリーンアップ作戦(第3回)

平成18年度は、11月12日(日曜日)にクリーンアップ作戦を展開しました。

当日は晴天に恵まれ、地元の小中学生をはじめ、ボーイスカウト、一般参加の皆さま等多くの参加をいただき、河川清掃や地域団体、協力企業の皆さまによる「豚汁・飲み物」の提供、比企の川づくり協議会による「市野川の生き物調べ」など、多くの人たちの協働により盛大に行われました。

実施日時:平成20年11月15日(土曜日)9時30分~12時

実施場所:吉見百穴前市野川河川敷/東松山市・吉見町地内

参加者:約645名 (一般参加者218 名、協力団体427 名)

実施延長:2.4km(市野川 1.2km、滑川 1.2km)

結果:ゴミの収集量2tダンプ6台分〔ゴミは東松山市、吉見町で処分〕

第3回クリーンアップ作戦の様子1 第3回クリーンアップ作戦の様子2

受付  開会

第3回クリーンアップ作戦の様子3 第3回クリーンアップ作戦の様子4

みんなで「クリーンアップ作戦」まずはゴミ拾い

第3回クリーンアップ作戦の様子5 第3回クリーンアップ作戦の様子6

川には、いろいろな生き物がいるんだね~!

第3回クリーンアップ作戦の様子7 第3回クリーンアップ作戦の様子8

豚汁でお疲れ様でした。

市野川水辺空間整備事業の進展

滑川町羽尾地先を流れる市野川は、豊かな自然を残しながら河川がいくつもの蛇行を繰り返しています。

東武東上線森林公園駅の近くにありながら、この奇跡的に残された希少な河川を、治水安全度を高めながら自然との融合を考えた整備計画を「市野川水辺空間整備事業」として検討を進めています。

水辺空間整備事業

経緯平成6~7年度 有識者、行政、地元等からなる検討委員会により審議

平成8年度「市野川水辺空間整備計画」を策定
当時としては画期的な環境を重視した河川改修計画が策定されました。

平成9年度 河川法の改正 河川環境の保全が明記される

平成16年度 河川見学会の実施 比企の川づくり協議会から意見書が出される

平成17年度~「市野川水辺空間整備計画」の見直しを検討
土木研究所自然共生センターセンター長の萱場氏等を招き現在検討中
水生生物調査、立木調査、河床調査等も実施

現況の河川の状況

現在の市野川の様子1 現在の市野川の様子2

 

自然環境の回復

中聖牛の効果

平成17年度の工事として、平成16年台風22号で被災した護岸の復旧工事の効果、再度被災を防止するため、県単独費を投じて「中聖牛」という伝統的な水制工の設置を実施しました。(詳しくは、「河川改修事業」のページをご覧ください)

この中聖牛により、川の流れが変わり、今まで浸食されてきた河岸に土砂の堆積が進行しています。

中聖牛1 中聖牛2

都幾川に設置された中聖牛(H18.3設置完了時)

中聖牛3 中聖牛4

都幾川に設置された中聖牛(H19.3約1年経過)

川をキレイに-皆さんの協力で

河川は、身近な自然環境、地域の共有財産。皆で力を合わせて、この財産を守りましょう。

川の国応援団美化活動団体支援制度

県では、市町村と協力して、河川における自治会や愛護団体等によるボランティアでの美化活動を支援し、河川愛護意識の一層の高揚と良好な河川環境の維持・保全に資することを目的として、全ての県管理河川で「川の国応援団美化活動団体」を募集しています。

なお、「川の国応援団美化活動団体」については埼玉県県土整備部水辺再生課のホームページで、また、「川の国応援団」については埼玉県環境部水環境課のホームページで確認できます。

川の国応援団全般について:水環境課のホームページ

美化活動団体について:水辺再生課のホームページ

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部 東松山県土整備事務所 河川砂防担当

郵便番号355-0024 埼玉県東松山市六軒町5番地1 東松山県土整備事務所

ファックス:0493-21-1214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?