Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2010年3月19日

埼玉県で栽培されている茶の品種

茶業研究所では200種以上のお茶を栽培しています。
平成16年に埼玉県の奨励品種に新たに「さいのみどり」が加わりました。
また、平成22年には「ゆめわかば」が加わりました。主な品種とその特性は以下。

やぶきた(茶農林6号)

やぶきたの新芽

<静岡県茶業試験場/昭和28年育成>
中生。日本茶を代表する品種で、全国の栽培面積は全栽培面積の8割弱を占めています(埼玉県では75%)。味はまろやかで、優雅な香りをもっています。
藪の北側に植えたお茶がおいしかったので、この名がつきました。

さやまかおり(茶農林31号)

さやまかおりの新芽

<埼玉県茶業研究所/昭和46年育成>
やや早生:埼玉県内では最も早く収穫されます。
寒さに強く、収量が多い。しかも栽培が簡単です。
全国で3番目に多い品種で、濃厚な色と味が特徴です。

ふくみどり(茶農林36号)

ふくみどりの新芽

<埼玉県茶業試験場/昭和61年育成>
中生。寒さに強く、収量が多い。ふくよかな香りとまろやかな味が特徴。
高級茶向きの上品なお茶です。

ほくめい(茶農林43号)

ほくめいの新芽

<埼玉県茶業試験場/平成4年育成>
やや晩生。寒さに強く、収量が多い。特有の香りと爽快な口当たりが特徴。
微発酵茶(緑茶とウーロン茶の中間)としても注目を集めています。
お茶の北限に近い埼玉で生まれた茗(めい:お茶の旧称)ということからこの名がつきました。

むさしかおり(茶農林46号)

むさしかおりの新芽

<埼玉県茶業試験場/平成9年育成>
中生。寒さに強く、あまり大きくなりすぎない品種。
柑橘系のさわやかな香りと温和なうまみが特徴。高級茶向きの上品なお茶です。

さいのみどり(茶農林50号)

さいのみどりの新芽

<埼玉県農総研茶業特産研究所/平成15年育成>
やや早生。病気に強く、加工が容易。爽快感のある飲みやすい味と香りが特徴です。

ゆめわかば(茶農林53号)

ゆめわかばの新芽

<埼玉県農総研茶業特産研究所/平成18年育成>
中生。生育・収量ともやぶきた並ですが、寒さや病気には強い品種です。
味がよく、特に軽く凋れさせて作ると味や香りに特徴が良く出ます。

お問い合わせ

農林部 茶業研究所  

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?