Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年11月14日

平成30年度研究課題評価

研究課題の評価と公開

限られた研究資源で、効率的かつ効果的な研究開発を実施するために、研究課題の評価(以下「課題評価」という)を実施しています。課題評価において適切な助言を得ることで、研究員の創造性が十分に発揮できるように活用するものです。

ここでは、課題評価の透明性を高めるとともに、試験研究について、広く県民の皆さまに知っていただくために、ホームページで公開いたします。

研究等評価委員会の設置

「埼玉県農林水産試験研究機関研究課題評価実施要領(平成27年4月1日最終改正)」に基づき、厳正かつ公平性、客観性を確保するため課題評価を行う組織として、外部の有識者等で構成する研究等評価委員会(以下「評価委員会」という)を設置しています。

平成30年度の評価委員は、次の7名です。

平成30年度評価委員会構成員(7名)

専門分野

氏名

現職等(平成30年4月現在)

作物全般

高屋 武彦

元農研機構中央農業総合研究センター所長

園芸

吉岡 宏

元農研機構野菜茶業研究所所長

畜産

牛島 仁

日本獣医生命科学大学応用生命科学部教授 

植物 米林 仲 立正大学地球環境学部教授
病害虫

高橋 賢司 

一般社団法人日本植物防疫協会技術顧問

食品  青柳 康夫 女子栄養大学栄養学部名誉教授 
消費生活  川嶋 かほる  埼玉大学教育学部名誉教授 

※ 敬称略

ページの先頭へ戻る

課題評価の種類と公開

評価委員会で行う課題評価には、下記の3つがあり、このホームページで公開するのは、平成29年度に終了した研究課題を対象にした「事後評価」です。 

課題評価一覧(3種類の評価とその概要)

事前評価

新たに実施する研究課題について、県民ニーズなど農林水産行政からみた緊急性や重要性、本県農林水産業への貢献の可能性、技術的な達成の可能性等、多様な観点から、課題化の妥当性を評価します。

事後評価

研究終了後、当該研究の成否について総括するとともに、新たな研究計画の策定等に活かすため、研究目標の達成の度合い、 研究成果の波及効果、県民生活や本県農林水産業への貢献度など研究内容の全般について、 総合的な観点から評価します。

追跡評価

事後評価だけではその成果が確定できないと判断された研究課題については、研究終了後一定期間経過後に、追跡評価を実施します。

ページの先頭へ戻る

平成29年度終了課題の事後評価

平成30年7月31日に評価委員会を開催しました。評価委員会では、研究課題の担当者が、スライドや資料を使って研究成果をプレゼンテーション形式で発表しました。

評価は、完了課題の報告書、資料、及びプレゼンテーションの結果にもとづいて行われました。評価委員7名から評価をいただきました。

ページの先頭へ戻る

評価基準(事後評価)

評価基準は「総合評価」と「要素別の評価」があります。

総合評価

  • A:優れた研究成果で活用が大いに期待できる。
  • B:良好な研究成果で活用が期待できる。
  • C:一部の研究成果で活用が期待できる。
  • D:不十分な研究成果で活用が期待できない。

要素別の評価

目標達成度
  • a:大いに認められる
  • b:認められる
  • c:やや欠ける
  • d:認められない
活用見込み
  • a:大いに認められる
  • b:認められる
  • c:やや欠ける
  • d:認められない

 ページの先頭へ戻る

評価対象課題と評価結果

研究課題1:病害虫複合抵抗性を有するコシヒカリNILの迅速な育成

  • 研究担当:品種開発・ブランド育成研究担当 水稲研究
  • 研究期間:平成27~29年度
  • 研究概要:本県ではイネ縞葉枯病の発生が増加傾向にあり、今後激発による重大な被害の発生が懸念されている。コシヒカリはイネ縞葉枯病に感受性でツマグロヨコバイに対する抵抗性も持っていない。本研究では、「コシヒカリ」に縞葉枯病、穂いもち、ツマグロヨコバイの抵抗性遺伝子を導入した「コシヒカリ」準同質遺伝子系統「むさしの32号」を育成した。また、「むさしの32号」の特性を把握し県内への適応性を明らかにした。
  • 研究評価:評価の要素(目標達成度:a、活用見込み:a)、総合評価A

評価課題2:多機能スプリンクラーによるナシ園の省力管理技術

  • 研究担当:生産環境・安全管理研究担当 病害虫防除技術研究、環境安全研究、高度利用・生産性向上研究担当 果樹研究 
  • 研究期間:平成27~29年度
  • 研究概要:ナシの病害虫防除ではスピードスプレヤーが用いられているが、都市化地域では薬剤飛散や騒音が問題となっている。すでに県内でもスピードスプレーヤーにかわる防除法としてスプリンクラーによる薬剤散布を実践している園もあるが、その効果は検証されておらず散布手法も確立されていない。本研究では、スプリンクラー防除に対応する栽培法、散布装置の設置場所、薬液の飛散等を検討し、現地実証を経て「スプリンクラー散布マニュアル」を作成した。潅水装置として導入されているスプリンクラーを利用した防除技術が確立され、都市化地域のナシ栽培の新たな防除技術として普及できる。
  • 研究評価:評価の要素(目標達成度:b、活用見込み:b)、総合評価B

評価課題3:水稲複合抵抗性品種の防除削減によるリスク評価と「彩のきずな」など新たな奨励品種での減農薬・減化学肥料栽培法の確立

  • 研究担当:生産環境・安全管理研究担当 病害虫防除技術研究
  • 研究期間:平成27~29年度
  • 研究概要:近年育成した「彩のきずな」などの新品種がもつ高温耐性と病害虫複合抵抗性を活かした減農薬・減化学肥料栽培技術を確立するために(1)無防除における病害虫発生状況を把握し、最低限防除すべき病害虫を特定した。(2)これに対して長期残効薬剤や新規開発薬剤による重点防除時期を解明して、ピンポイントで病害虫を抑制する防除体系を確立した。(3)普通植栽培における「彩のきずな」の減・減栽培法を確立するための有機質肥料と化学肥料を組み合わせた栽培法を検討した結果、基肥を全量有機(N5kg/10a)とし穂肥を化成(N2kg/10a)とする体系が適していることがわかった。(4)ピンポイント防除と減化学肥料の体系を現地で実証した。
  • 研究評価:評価の要素(目標達成度:a、活用見込み:a)、総合評価A

研究課題4:凍結精液を利用した豚の夏季受胎率向上試験と凍結乾燥精液の開発

  • 研究担当:品種開発・ブランド育成研究担当 種畜生産研究
  • 研究期間:平成26~29年度
  • 研究概要:豚生精液を用いた夏季の人工受精は、暑熱による品質の低下や無発情による受胎率の低下が著しい。そこで、精液を品質の良い冬季に採取し本県が開発した超少量凍結精液人工授精技術(MFSAI)を夏季に行い受胎率を向上させる方法を開発した。また、これまで豚において成功例のない凍結乾燥精液の製造・開発を試み、胚盤胞までの作成が可能であることを実証した。引き続き世界初の凍結乾燥精液を用いた豚産子の生産を目指して研究を継続する。
  • 研究成果:評価の要素(目標達成度:a、活用見込み:b)、総合評価A

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

農林部 農業技術研究センター 企画担当

郵便番号360-0102 埼玉県熊谷市須賀広784

ファックス:048-536-0315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?