Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月14日

農業用水と基盤整備

児玉地域の農業用水

児玉地域の農業用水は、「下久保ダム」が主な水源になっています。ダムに貯められた水は、「神流川」を下り、神川町にある「神流川頭首工(用水取水堰)」で用水路に取り入れられ、児玉地域のほか深谷市の一部や群馬県の藤岡市の一部を含む約4千ヘクタールの農地で米や野菜・花・植木などの生産に利用されます。このほかの地域では、小山川とその支脈流の河川及びため池の水を使っています。

下久保ダム(神川町ほか)

下久保ダム堤体 下久保ダム湖面」

農業用水の確保により進展した農地整備(県内一の整備率:約9割)

昭和43年の下久保ダム完成により確保された農業用水を効率的に利用するため、昭和42年から農林水産省により、幹線用水路などの基幹水利施設の整備が進められました。この事業を契機に、管内各地で用排水路、農道、農地の区画形状等を総合的に整備する「ほ場整備事業」や「畑地帯総合整備事業」が実施されました。
現在では、農振農用地の約9割で大型機械が利用できる県内でいちばん生産性の高い農地に整備されています。

整備された農地

 ほ場の様子

老朽化した基幹水利施設の整備

神流川頭首工(用水取水堰)や幹線用水路の中には、造成されてから半世紀が経過しようとしているものがあり、漏水や亀裂の発生等老朽化により安定した取水が心配される施設がありました。さらに、近年の土地利用形態の変化や営農形態の変化に対応した用水供給を図る上からも施設の整備が必要な状況であったため、国営神流川沿岸農業水利事業(H16~H24)により神流川頭首工(用水取水堰)や幹線用水路の整備が進められました。

改修された神流川頭首工

神流川頭首工

 

 

整備された農業水利施設

農業水利施設位置図

番号

施設名

施設概要

(1)

阿保領用水路

神川町、上里町の375ヘクタールの田畑に用水を供給する幹線用水路です。

(2)

小栗川排水路

美里町の58ヘクタールの田畑の湛水被害を解消するために昭和56~63年に改修された排水路です。

(3)

女堀川

本庄市、神川町、上里町の881ヘクタールの田畑の湛水被害を解消するために昭和25~46年に農業用の用排水路として整備されました。その後、排水区域の開発等に伴い、水路のほとんどは一級河川に指定されています。

(4)

神流川頭首工・神流川幹線水路

神流川に設けられ、本地域の約80パーセントの田畑に用水を供給する堰、及び九郷阿保領区域、群馬県牛田用水区域へ用水を供給する用水路です。昭和19~29年に整備されましたが、整備後の社会状況等の変化に対応するため、平成16年~24年に、国営事業で整備されました。

(5)

九郷用水路・九郷排水路

古くから、児玉地域に発達した歴史ある用排水路でしたが、流入する排水により洪水が生じるため、防災事業による部分改修を経て、旧用水路を排水路に、そして、適正な用水を供給するため、用水路を地下配管として分離することとし、昭和59年~平成14年に整備されました。本庄市(旧児玉町)、神川町の1,123ヘクタールの田畑の洪水被害を解消します。

(6)

新神流川幹線水路・上里幹線水路・児玉幹線水路

下久保ダムによる水源確保を得て、国営埼玉北部農業水利事業により昭和42~55年に整備された用水路です。児玉地域の北西部に用水を供給する上里幹線水路、南東部に用水を供給する児玉幹線水路、そして、両者をまとめた新神流川幹線水路から成り立ちます。整備後の社会状況等の変化に対応するため、平成16年~24年に、国営事業で整備されました。

(7)

高柳池

本庄市(旧児玉町)の12ヘクタールの田に用水を供給する農業用ため池です。溢水被害を防ぐため、平成7~10年に改修されました。

(8)

羽根倉池

神川町の農地に用水を供給する農業用ため池です。溢水被害を防ぐため、昭和45~46年に改修されました。現在国営事業により整備され、用水の供給を調整するファームポンドとして利用されています。

(9)

東児玉支線水路・松久支線水路

国営埼玉北部農業水利事業により昭和48~54年に整備された児玉幹線水路の終点(摩訶池)から美里町、深谷市(旧岡部町)、本庄市の686ヘクタールの水田に用水を送る水路(地下管路)です。

(10)

備前渠用水路

利根川(烏川)から取水し、本庄市、深谷市、熊谷市(旧妻沼町)の1,371ヘクタールの水田に用水を供給する水路です。江戸時代に設置され、昭和24~40年に改修されましたが、上流部では排水路としての機能をもつため、近年、一級河川に指定されました。

(11)

間瀬湖

本庄市(旧児玉町)、美里町、深谷市(旧岡部町)の692ヘクタールの田に用水を供給するため、昭和3~12年に整備された農業用ため池です。農業用としては日本最初のコンクリートダムですが、防災事業等により部分補修が行われ、現在に至っています。花見等の観光名所にもなっています。

(12)

やぼり川排水路

本庄市(旧児玉町)の168ヘクタールの田畑の湛水被害を解消するために平成元~7年に改修された水路です。

(13)

古沼

美里町の農地に用水を供給するための、農業用ため池です。溢水被害を防ぐため平成10~16年にかけて改修されました。

お問い合わせ

農林部 本庄農林振興センター  

郵便番号367-0026 埼玉県本庄市朝日町一丁目4番6号 埼玉県本庄地方庁舎2階

ファックス:0495-22-6283

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?