Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年12月7日

木工工芸科(一年コース)

木の心を伝える、全国屈指の養成施設流木工職人を目指す。

目次

概要指せる資格科・時限数(シラバス)習風景

車箪笥 道具

定員

30名

期間

1年(4月入校)

訓練内容

家具製作に必要な設計、構造材料、家具工作法、塗装法などの知識や器工具の取扱い及び木工機械の操作技術を学びます。木製品を作りながら技能を習得します。

職種

家具・建具・木工品の製造のほか、家具の修理や取付けの仕事に就けます。

目指せる資格

取得目標

資格によっては、校内試験合格で免状が交付されたり、受験に必要な実務経験期間等が短縮されたりします。

目標資格(木工工芸科)

資格

目標時期

取得条件(木工工芸科の場合)

技能士補

修了時

技能照査(校内試験)合格者

二級技能士(家具)

修了時

実務経験免除、(技能照査合格者は)学科試験免除

木材加工用機械作業主任者

修了2年後

実務経験2年後に講習を3時間受講(※実務年数・講習受講時間とも短縮されます。)

※労働安全衛生法により定められた木工機械を扱う場合には、技能講習を受けたもののうちから作業主任者を選任しなければならないことになっています。

この技能講習の講習時間は15時間ですが、当校木工工芸科修了生は講習科目の一部(13時間)が免除されますので、講習2時間と試験1時間の計3時間を受けることになります。

教科及び時限数(シラバス)

詳細はシラバス「木工工芸科」(PDF:257KB)をご覧ください。

訓練教科目並びに時限数(1時限=45分)

木工工芸科

実習風景

木工工芸科訓練の様子 

展示会見学

インテリア全般への関心を高め、家具デザインの多様性を学ぶため「IFFT interiorlifestyle living」を見学しました。

 東京ビックサイト中島さん

(左の写真)会場は東京ビッグサイト、(右の写真)出展者の中に修了生の中島修さんも!

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部 川越高等技術専門校  

郵便番号350-0023 埼玉県川越市並木572-1 埼玉県立川越高等技術専門校

電話:049-235-7070

ファックス:049-235-7071

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?