Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > キッズ > えいけんサイエンス > えいけんサイエンス 硬い水と軟らかい水

ここから本文です。

 

掲載日:2015年10月1日

えいけんサイエンス 硬い水と軟らかい水

みんなが飲んでいる水に、硬い水と軟らかい水があることを知っていますか?

水の中には、少ない量ですがカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの金属が溶けています。カルシウムとマグネシウムは、水が物を溶かす力、水の味、水の使いやすさなどに影響を与えます。水の中のカルシウムとマグネシウムの量をあらわすのには、「硬度」という言葉を使います。硬度が高い水を「硬水」、硬度が低い水を「軟水」といいます。

世界保健機構(WHO)では、硬度120未満を「軟水」、120以上を「硬水」としています。日本の水は、ほとんどが硬度100以下なので、軟水です。

硬度が高いと、石鹸が泡立ちにくくなったり、料理でだしが上手にとれなかったり、水の味がしつこくなったりします。海外旅行に行くと、水の硬度が高くて、お腹の調子が悪くなることがあります。水の硬度は、地域よって変わります。水の硬度を調べてみると、何か分かるかもしれませんね。

下の図は、日本水道協会でだしている日本の水の平均硬度をグラフにしたものです。

埼玉県は、3番目に硬度が高い県です。

都道府県別の水の平均硬度

しかし、県の中でも、場所によって硬度は違います。次の図は、埼玉県の浄水場で測定された硬度の一部をグラフにしたものです。

同じ県の中でも、場所によって硬度が違うことがわかると思います。

県内各地の水の硬度

一方、ヨーロッパの国では、硬度が高い水が多いようです。ミュンヘン(ドイツ)、グラナダ(スペイン)、コペンハーゲン(デンマーク)の水は硬度が300以上あります。

水の硬度を調べるには、日本水道協会のホームページをみたり、自分が住んでいる場所の水道局に聞くとわかります。

お金はかかりますが、自分で調べる方法もあります。水の硬度を簡単に測れるセットも売っています。

2010年の衛生研究所サイエンスサマーセミナーでは、カルシウムを測るセットを使って、家の飲み水、日本のミネラルウォーター、フランスのミネラルウォーターの中に入っているカルシウムの量を測ってみました。

  • 家の水 40mg/L
  • 日本のミネラルウォーター 10mg/L
  • フランスのミネラルウォーター 50mg/L以上

売っているミネラルウォーターには、カルシウムの量が書いてあるものもあります。いろんな方法で、調べてみてください。

お問い合わせ

保健医療部 衛生研究所  

郵便番号355-0133 埼玉県比企郡吉見町江和井410番地1

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?