Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年10月12日

手軽にできる環境保全活動

手軽にできる環境保全活動を紹介します。

台所でできる生活排水対策

主な食品の汚れの程度

食事や飲み物は必要な分だけ作り、食べ切れる分、飲み切れる分だけを取って、残りものを台所に流さないようにしましょう。食品の汚れが川にそのまま入った場合、コイやフナがすめる水質にするためには大量の水が必要となります。

三角コーナー

三角コーナーや排水口のストレーナーには水切り袋をつけ、たまったゴミはこまめに取り除きましょう。ゴミがたまりすぎていると、きれいな水を流しても汚れた水になってしまいます。

天ぷら油

天ぷら油は油ごし紙などで汚れを取り除いて繰り返し使用し、やむを得ず捨てる場合は、古紙やボロ布などに染みこませるなどして、ゴミに出しましょう。

食器などの汚れ

食器やフライパン、鍋などの汚れは、ゴムベラや不要な紙(布)などで拭き取って、ゴミ箱へ捨ててから洗いましょう。流す水の汚れは7割も減ります。

洗剤

油汚れの少ないものは、水やお湯だけで十分きれいになります。アクリルたわしを使うと簡単に汚れがごれます。洗剤は石けんなど分解性の高いものを適量使いましょう。

 

グリーン購入

買い物のときに、まず必要かどうかを考えた上で、必要なときは環境負荷ができるだけ少ないものを選んで買うことが「グリーン購入」です。

誰でも、いつからでも、毎日でもできます!

こまめに電気を消したり、リサイクルのためにゴミを分別したりすることと同じように、グリーン購入は、今日からでもすぐに始めて毎日できることです。

グリーン市場の形成を促します!

グリーン購入を行う消費者が増えると、事業者の環境意識が育ち、環境に配慮された商品を開発する意欲を高めることにつながります。

環境負荷ができるだけ少ないものを選びましょう!

原材料がリサイクルされているものを選ぶ

再生紙や再生プラスチックが多く使われている商品を選ぶようにしましょう(コピー用紙や文房具、作業着など)。再生資源を使うと、資源の有効活用が図られると同時に、商品を作る際のエネルギーの節約になります。

省エネタイプの商品を選ぶ

使用するときにエネルギーを消費する商品、例えば電気製品や自動車などは省エネ型タイプのものを選ぶようにしましょう。エネルギーの節約という環境保全上の効果とともに電気代・燃料代の節約という経済上の効果も得られます。

ゴミが少なくなるものを選ぶ

過剰な包装となっていないもの、文房具やシャンプーなど中身を詰め替えられるもの、使い終わったときに金属など素材が分けやすいものを選ぶようにしましょう。

環境に配慮された商品につけられるマーク

環境に配慮された商品にわかりやすい識別マークがついていると、グリーン購入を簡単に行うことができます。代表的なものを紹介します。

エコマーク

「生産」から「廃棄」にわたるライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品につけられる環境ラベルです。エコマークを使用・表示するには、商品類型(商品カテゴリー)に定められた認定基準に照らし併せて、エコマーク審査委員会での認定を受ける必要があります。エコマークは財団法人日本環境協会が運営しています。

統一省エネラベル

主に電気製品につけられているラベルです。製品の省エネ性能の高い順に☆☆☆☆☆から☆で示されています。年間の電気料金も表示されます。製品同士での省エネ性能の比較が可能です。

参考となるサイト

 

お問い合わせ

環境部 西部環境管理事務所 大気水質担当

郵便番号350-1124 埼玉県川越市新宿町一丁目17番地17 ウェスタ川越 公共施設棟4階

ファックス:049-246-7885

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?