Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月6日

救急救命士養成課程の概要

養成所の概要

項目

内容

沿革

平成11年4月 県が救急救命士養成所を設置する
平成11年9月 救急救命士養成所として厚生大臣の指定を受ける
平成11年9月 救急救命士養成課程を開始
平成19年4月 埼玉県消防学校と統合する
平成26年3月 さいたま市浦和区仲町3-5-8に移転する

平成29年3月 さいたま市中央区新都心1-2(小児医療センター8階)に移転する

入所要件

救急隊員のうち厚生労働省令で定める救急業務に関する講習(250時間)を修了している者で、かつ、救急業務に5年以上従事しているか、又は、2000時間以上の救急活動時間を有する者(埼玉県内消防本部に所属する救急隊員であり、一般の方は入所できません)。

定員

30名

教育期間

毎年8月中旬~翌年3月中旬(約7か月間)

教育機器等

項目

内容

機械器具

心肺蘇生訓練人形、自動体外式除細動器、パルスオキシメーター、ラリンゲアルマスク、自動式人工呼吸器、救急用吸引器、気道管理トレーナー、ビデオ喉頭鏡、血糖測定器その他

標本及び模型

組織標本、人体解剖模型、人体骨格模型、呼吸器模型、血液循環系模型、心臓構造模型、その他

視聴覚機材等

視聴覚装置(ワイヤレスマイク、液晶ディスプレイ等)、教材用DVD、書画カメラ、その他

その他

高規格救急車、専門図書

救急救命士養成教育訓練カリキュラム

項目

内容

基礎分野

無し

専門基礎分野

  • 人体の構造と機能(3単位)
  • 疾病の成り立ちと回復の過程(2単位)
  • 健康と社会保障(1単位)

専門分野

  • 救急医学概論(4単位)
  • 救急症候・病態生理学(6単位)
  • 疾病救急医学(5単位)
  • 外傷救急医学(2単位)
  • 環境障害・急性中毒学(1単位)

臨地実習

シミュレーション・臨床実習・救急車同乗実習(9単位)

お問い合わせ

危機管理防災部 消防学校 救急救命士養成担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2小児医療センター8階

電話:048-601-5101

ファックス:048-601-5102

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?