Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月3日

若者が狙われる?! 友人、知人からの投資話に注意!

若者投資詐欺

【事例】 

大学の友人から「絶対に儲かる話がある。バイトするより楽に稼げる。」と誘われ、説明会に参加したところ、投資ビジネスのようで、契約時に登録料10万円が必要と言われた。また誰か紹介すると一人につき5万円の紹介料が入ると聞いた。高額でお金がないと伝えると、半分の5万円にするから学生ローンで借りてくるようにと言われ、友人に付き添われてローンを借りに行き、契約した。
帰宅後、冷静になると、契約締結を後悔した。クーリング・オフをしたい。

 

あなたならどうしますか?

高校の懐かしい同級生、サークルで仲良くしている友人、大学のゼミの先輩、バイト仲間から

いつもの他愛ない話の中で、このような儲け話をされたら・・・

「聞くだけならタダ、いやならその場で断ればいい」

「今のバイト時給が安いからなぁ。」

「儲けている人が言うのだから、大丈夫!」

本当に?

ついて行って、執拗に勧誘してくる大人、先輩や友人の前で断れますか?

「10万円を5万円にしてくれるなら・・・」

「取りあえず一人勧誘すれば自分の分は回収できるし、もう一人誘って5万儲けてからやめよう。」

それでいいと思っていますか?

消費者へのアドバイス

  • 「絶対に儲かる」を信用しない
  • 誘われてもついて行かない
  • 一人で決めない、契約しない

知人や友人からの勧誘ということで油断しがちですが、自分が勧誘することで友人に損失が生じる、
友人もそのまた友人に負担をかける、という負の連鎖になる危険性を十分認識し、不要な勧誘は
キッパリ断りましょう。

また、契約を解約しても、学生ローンの支払いは残ります。

 

困ったときは消費生活支援センターまたは消費者ホットライン「188」へ!

 

過去の類似事例

 

 

お問い合わせ

 ページに関するお問い合わせ(ご相談は相談専用の電話番号におかけください)

電話:048-261-0930

ファックス:048-261-0962

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?