Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年11月22日

スマートフォン!不正アプリ利用による被害が急増中

相談事例

事例 19歳男性

無料でアダルト画像が見られるというアプリをインストールした。見てすぐにアプリを削除したが、利用料金9万円を請求するメールが届いたり、「家まで取りに行く。怖い思いをしてもらう。」と脅す電話がスマートフォンにかかってきて、困っている。

 

お答えします

急激に普及しているスマートフォン。インターネットを楽しんだり、アプリを自由にインストールして活用できるのが魅力です。しかし、悪意のあるアプリ提供者から攻撃を受けやすい環境にあり、従来の携帯電話よりも注意が必要です。

Android端末では、アプリを利用する場合、アプリ提供者が求めるスマートフォン内の一定の機能や情報(例えば、端末のIDや電話番号・メールアドレス・位置情報・電話帳の連絡先データなど)への「アクセス許可」に同意し、インストールします。すると、アプリ提供者は許可された事項にアクセスすることが可能になります。

ところが、アクセス許可された情報が悪用されると、事例のように架空・不当請求を受ける場合があります。ほかにも、不正アプリから読み取られた電話帳の連絡先データの情報が悪用されるケースなどがあり、アプリ利用がきっかけと思われるトラブルは急増しています。

アプリ利用によるトラブルを防ぐには

  1. アプリの入手にはメールやインターネット検索など様々な経路がありますが、ウイルス対策をすることはもちろん、必ず公式マーケットなどの信頼できる場所からインストールするようにしましょう。
  2. 「アクセス許可」を求められる画面で、アプリがどんな情報へアクセスしようとしているのかをよく確認しましょう。アプリの機能と関係なさそうな不自然なアクセス許可を求めている場合は、インストールや利用を中止しましょう。
  3. 最終的には情報が悪用される不正アプリかどうかは総合的に判断するしかありません。子どもに与える場合は、インターネットと同様にフィルタリング機能(アプリ)をかけるとともに、アプリの利用やインストールを制限する対策が必要です。

お近くの消費生活相談窓口に早めにご相談を

スマートフォンのアプリ利用がきっかけと思われるトラブルでお困りの場合、最寄りの消費生活相談窓口にご相談ください。

詳細原稿(ワード:41KB)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?