Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年11月22日

異性からの間違いメールがきっかけ!出会い系サイトに誘導されて

異性からの間違いメールがきっかけで、メール交換をするうちに出会い系サイトに誘導されて登録してしまった…。出会い系サイトでメール交換するのに高額な利用料がかかり、利用料以外にもサイト業者やメール交換相手から様々な名目で費用の請求を受けることもあります。

相談事例

20才代男性

携帯に女性から間違いメールが届き、それがきっかけで親しくメールするようになった。
その後女性から、事情があって携帯が使えなくなるからと、メール交換のためのサイトへ登録するよう勧められた。
登録したのは出会い系サイトだった。メール交換に25万円もかかってしまったので、女性にやめたいと伝えたが受け入れてもらえなかった。
後日、サイト事務局から「女性が、メール交換に20万円も使ったので返して欲しいと言っている。もめ事は困るので支払うまで退会は認めない。」と連絡があった。

アドバイス

  1. 異性からのメールに対する好奇心や、間違ってメールを送っていることを送信者に伝えようという親切心を利用して、出会い系サイトに誘っていると考えられます。他のサイトに誘導されたら、その時点でおかしいと思ってください。
  2. メールの相手がサイト事業者の“サクラ”の可能性が高いと思われますが、“サクラ”の証明は困難であり、メール交換のための利用料を取り戻すことは難しい状況です。
  3. 悪質なサイト事業者からサイト利用料の他に様々な名目で費用の請求をしてくることもあります。困った事態になったら、最寄りの消費生活相談窓口にご相談ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?