Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年10月16日

 ちちぶ乾杯共和国の酒蔵見学vol.5 秩父麦酒 様

【取材日:2020年9月16日】

 秩父市街地から車で約30分、秩父市下吉田地区に「秩父麦酒醸造所」(以下、「秩父麦酒」(ちちぶビール))はあります。下吉田地区は、周囲を山に囲まれた自然豊かで、ブルーベリーやいちごなどの栽培が盛んな地域です。
 「秩父麦酒」は2017年10月に醸造を開始し、まもなく3年を迎えます。

風景【周囲を山に囲まれた自然豊かな下吉田地区】

 秩父麦酒では、定番商品4種類、準定番商品4種類のほか、季節に合わせて数種類のビールを醸造しています。
「かわいい“熊”のイラスト」と「華やかな香りで飲みやすい」のが「秩父麦酒」の特徴です。
商品

 今回、秩父麦酒の代表で醸造責任者の 丹 広大 さんに工場内を案内していただきました。
代表

 最初に見せていただいたのは、銅でできた赤褐色に輝く仕込み釜です。
 左側のタンクでは、破砕した麦芽と温水を混ぜ、熱を加えて粥状にする「糖化」と呼ばれる工程が行われます。
 次に、右側のタンクで、粥状にしたものをろ過して、麦芽と麦汁に分けます。この工程が、「すっきり」とか「コク」という味わいに影響するので、秩父麦酒では、丁寧に3時間半ほど時間をかけるのだそうです。
 その後、麦汁を左側のタンクに戻して、煮沸工程へ。ここで、ビールの苦みや香りを特徴づけるホップの一部が投入されます。投入するタイミングや量、品種などをコントロールすることで、苦い部分を強調せずに、華やかな香りを引き出すよう工夫しているそうで、まさに、醸造家の腕の見せ所です。
仕込み釜 

 煮沸が終わった麦汁は冷却され、隣の部屋の酵母が入ったタンクへ。発酵工程で、麦汁に含まれる糖分が、酵母の働きによってアルコールと炭酸ガスに分解された後、熟成期間を経て、ビールは出来上がります。
 酵母の種類によって、発酵・熟成期間は異なりますが、エールと呼ばれる酵母の場合は約1か月、ラガーと呼ばれる酵母の場合は約2か月、タンクの中で発酵・熟成させます。
 秩父麦酒では、発酵工程でも段階的にホップを投入しているのが特徴だそうです。
 また、いちごやりんごなどのフルーツで香りづけをする場合は、発酵工程の最初に加えます。
発酵タンク

【発酵・熟成に使うタンク(1,000リットルのタンクが8本あります)】

 出来上がったビールは、瓶や樽に詰められて、出荷されます。
樽

~会社の名前は「秩父麦酒」~
 北海道出身の丹さん。
 「会社の名前を決めるとき、ビールのロゴや商品名で使っている私自身の愛称である ”熊”にちなんで「白熊麦酒」にするか、秩父の地名から「秩父麦酒」にするか、2つの選択肢がありました。でも、この会社は、いずれ秩父に返すというか、いずれ秩父の人に、誰か継いでもえらえる人がいればいいと思っていたので、迷わず「秩父麦酒」にしました。」
 創業から3年足らずでスタッフが6人に増え、また、多くの人に認知されるようになったのは、「イベントなど、いろいろな活動に仲間入りさせていただいたこと」、そして「秩父の包容力、一体感が大きい」と話してくれました。
秩父麦酒会社の名前
~ビールが苦手な人にも飲んでもらえるビールを造る~
 「ビールの苦みが苦手だからビールを飲まないという人は結構います。でも、『秩父麦酒の"熊”のイラストがかわいい!』そんなとこから、ビールに興味を持ってもらえたらいいと思っています。」
 そして、「『飲んでみたら、秩父麦酒は飲めました!』と言ってもらえたらうれしい。」と丹さん。
 ビールが好きな人だけではなく、ビールが苦手な人であっても、「華やかな香りで楽しめる」「苦くなくて飲みやすい」。そして、ビールやイラストの種類がたくさんあって、「選ぶのが楽しい」。
 そんな 「飲みやすさと楽しさがあって、人の癒しになれるビール」 を目指しているのだそうです。
商品紹介

~創業して3年、これからの挑戦~
 「ミズナラの樽で熟成させたビール(バレルエイジ)は、日本には馴染みがないのですが、今、取り組んでいるんです。」と丹さん。
 「すっきりとした味わいというよりは、濃厚なコク、うまみで飲むビール」だけど、「飲み口の柔らかさで飲めてしまうビール」だそうです。
 「まずは、1年ものから始めて、将来的には、3年ものや5年ものが美味しく出来たらいいなあと思っています。」
 また、「地元産のかぼすやいちご等の素材を使ったビールを、地域の人と連携して造り、地元を盛り上げていきたい。それが、ビールの宣伝にもなるし、地域への興味につながったりするから。」
 そして、「いつか秩父産のビールを造りたい。」その一歩として、ホップの試作栽培を始めたそうです。

 バレルエイジ

【ミズナラの樽で熟成中のビール】

 取材では、「大手ビールメーカーやクラフトビール仲間との交流」、「地域の人たちとの連携」、「地道な営業活動」などの話もあり、丹さんのビールにかける情熱に胸を打たれました。
 そして、「これからもっと設備投資をし、規模を大きくして、今8本あるタンクを20本にまでに増やしていきたい。」と話してくださった丹さん。ますます秩父麦酒から目が離せません。

~秩父麦酒の紹介~
 秩父麦酒は、秩父地域の酒販店や土産店等で販売しています。また、秩父市内のクラフトビール店「まほろバル」をはじめ、秩父地域で取り扱っている飲食店等も増えています。さらに、東京都内で秩父麦酒を常設しているクラフトビール店は100店舗以上あります。
 イベントにも積極的に出店しています。今後のイベント出店情報やオンラインショップの情報は、下記のURLから確認できます。

飲み比べ

【飲み比べができる飲食店もあります】
イベント風景【イベントにも積極的に出店しています】

【所在地等】
名 称:合同会社 BEAR MEET BEAR秩父麦酒醸造所

住 所:秩父市下吉田3786-1

工場見学:不可

URL:https://chichibubeer.shop-pro.jp/
 

 

お問い合わせ

企画財政部 秩父地域振興センター 観光振興・産業労働担当

郵便番号368-0042 埼玉県秩父市東町29番20号 埼玉県秩父地方庁舎1階

ファックス:0494-24-1741

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?