Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > RWC2019『情報えとせとら』 > RWC2019『情報えとせとら』No.68-うちわ祭に出場国の人たちをご招待!ワールドカップへ繋ぐおもてなし-

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月29日

RWC2019『情報えとせとら』No.68-うちわ祭に出場国の人たちをご招待!ワールドカップへ繋ぐおもてなし-

7月21日(日曜日)、うちわ祭で賑わう熊谷市に、地元の子どもたちが外国人を招き、うちわ祭や周辺の名所を案内しました。この取組は、NPO法人AEA英語通訳キッズプロジェクトが主催する「おもてなし英語ガイド ジュニア・リーダー育成プロジェクト」の一環として行われたものです。

※本プロジェクトについては過去の記事をご参照ください。

NPO法人AEA英語通訳キッズプロジェクトについて(えとせとらNo.14)

おもてなし英語ガイド ジュニア・リーダー育成プロジェクトについて(えとせとらNo.64)

当日は、ラグビーワールドカップで熊谷市で試合を行う国のうち、ジョージアとアメリカのお客さんが訪れました。

ジョージア大使館からのお客様

ジョージアからは、在日ジョージア大使館 一等書記官のピクリア・ゲギゼさんとその家族など計5名が訪れました。ジョージア大使館へは事前にAEAの子どもたちが手作りの招待状を送っていました。
子どもたちはゲギゼさんらを、お祭りの屋台や茶道体験を行う星渓園に案内しました。その後、お祭り広場の桟敷席へと案内して、山車・屋台がパレードのように列をなして各所をめぐる巡行祭の様子を一緒に観覧しました。また、見送りの際は熊谷市役所前でお礼とプレゼントを渡しました。

 
「熊谷に来るのは初めて」というゲギゼさんは「みんなフレンドリーで、活気があってすばらしい場所ですね。」と熊谷の印象について一言。桟敷席から巡行祭を見たことについては「高い席に上ったときはわくわくした。子どもたちが山車やお祭りについて丁寧に解説してくれたので楽しむことができた。」とお祭りを満喫した様子でした。さらに、市役所前で子どもたちから歓迎を受けたことに触れ、「歓迎とプレゼントに感動した。小さい子たちも英語を上手に話すことができてすごい。」と子どもたちのおもてなしに感激していました。

アメリカの方々を、思い思いのプランでご案内

アメリカからは、横田基地から家族連れなど約40名が訪れました。
子どもたちはこの日のために、うちわ祭会場周辺の案内マップを作成。「頑張って作りました。西京屋がおすすめです。」と地図作りを担当した中丸京志郎君(小学5年生)が紹介してくれました。地図には熊谷のグルメや見どころの情報のほか、熱中症への注意の呼びかけも盛り込まれており、子どもたちの心遣いを感じることのできるものに仕上がっています。

アメリカからのお客さんの到着が近づくと、AEAの代表理事・赤井由紀子さんが子どもたちを集めて激励。「ラグビーワールドカップ前に行う最後の案内となる。どんなことでも失敗はない。全員が積極的にチャレンジしてほしい。」と全員の士気を高めました。

 

お客さんを迎えた後はいくつかの班に分かれ、それぞれが考えたルートで熊谷を案内しました。ある家族は、AEAの子どもたちの案内で高城神社を参拝した後、祭りの屋台を巡り、山車を見学しました。事前に調べておいたかき氷屋さんを紹介すると、お母さんがそのかき氷を気に入って2杯目も購入していました。また、兄妹で挑戦した射的では、お兄さんが景品を二個ゲットして妹さんにプレゼントするなど、とても楽しそうな様子でした。
AEAの子どもたちは、準備していた案内スポット以外の場面でも積極的にお客さんに話しかけ、熊谷の魅力を伝えていました。

 

また、星渓園では書道体験が行われました。これは、お客さんが「幸」「楽」「侍」「祭」の4種類の文字から好きなものを選んで、その字を白地のうちわに書くというもの。子どもたちは、受付で4種類の漢字がそれぞれどのような意味を持つのかを説明したり、書道の手順や注意事項を説明したりしました。参加者は書道講師の案内のもと、手本を見ながら集中して取り組んでいました。「楽」の字を書いた女性は「手本の真似をして書くのが難しかったが楽しかった。」と笑顔で完成したうちわを見せてくれました。

 

星渓園の書道体験で講師の英語通訳をしていた佐藤隆雅君(小学5年生)は、「とてもわくわくしながら楽しく行うことができました。」とする一方、「英語は幼稚園からやっているので得意な方だと思っていたが、実際にお客様を前にすると講師の方との通訳のタイミングが難しく、今回の経験で新たな発見をすることができた。」とさらなる成長へ意欲を見せました。

ワールドカップでもお客様を歓迎するおもてなしを予定

代表理事の赤井さんは、今回の活動について「子どもたちに運営を考えさせ、時にはまかせ一緒に準備してきた。ここまで積み重ねてきた成長を感じることができてうれしい。」と子どもたちの成長を実感している様子。さらに、熊谷で開催されるラグビーワールドカップへと話題を移し、「子どもたちが自主的に外国から訪れた方々に自分らしい歓迎とおもてなしをする準備をはじめている。一生に一度の思い出を創りたい。」と大会時のおもてなしについても話してくれました。

活動に関するお問い合わせ

特定非営利法人AEA英語通訳キッズプロジェクト(ホームページ)

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?