Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』 > RWC2019『情報えとせとら』No.18~インバウンドを外国語でおもてなし!ラグビーワールドカップ2019™国際交流入門講座が熊谷で開催されました!~

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月7日

RWC2019『情報えとせとら』No.18
~インバウンドを外国語でおもてなし!ラグビーワールドカップ2019™国際交流入門講座が熊谷で開催されました!~

ラグビーワールドカップ2019™(以下、RWC2019)が熊谷で開催され、海外からも多くのかたが熊谷を訪れることから、外国語による「おもてなし」の重要性が高まっています。今回、近隣の高校生を対象に、ラグビーへの理解を深め、外国語でのコミュニケーション能力を高めることを目的とした「国際交流入門講座」が、熊谷市スポーツ文化村「くまぴあ」で開催されました。

全国外大連合が主催するこの講座は全国12か所で開催され、3か所目となる熊谷会場では県内外から約80名の高校生が集まり、熱心に講座を受講していました。

ラグビー基礎知識講座1

ラグビー基礎知識講座2 

今回はラグビー基礎知識講座、英語でのアイスブレイキング・アクティビティの後、各コースに分かれ4科目の講義を受講というスケジュールでした。

まず、ラグビー基礎知識講座では市瀬良行氏(神田外語大学教授)から、ラグビーの歴史や強豪国のラグビー文化が紹介されました。この講座では、参加者が実際にラグビーボールに触れる体験ができ、簡単なゲームを楽しみながらラグビーへの理解を深めていました。最後に講師から、ラグビーで重視している「ノーサイド」の精神で熊谷を訪れる方を温かい心で迎えてほしいという熱いメッセージが参加者に伝えられました。

※ノーサイド:ラグビーにおける試合終了のこと。試合後は敵味方がなくなり、同じ仲間としてお互いを称え合うという精神に由来。RWC2019の大会ボランティアも同じ名称。

後半のコース別講義では、約20名のグループに分かれ、「ネイティブから学ぶ英会話のコツ」「ラグビーの楽しみ方」など7科目の講義が展開されました。ネイティブの講師との会話を通してコミュニケーション能力を高めるとともに、RWC2019を楽しむポイントを学べる内容でした。

コース別講義1

コース別講義2

群馬県から参加した女子高校生は、「今回学んだことを活かし、困っている海外のかたがいたら手助けしたい」と意気込んでいたほか、深谷市内の高校に通う男子生徒は、「面白そうだったので参加した。大会が熊谷で開催されるのでとても楽しみ」と大会への期待を語っていました。  

講座は今後も全国各地で開催されます。 この講座を通じて多くの高校生が国際的な感覚を養い、日本を訪れる海外のかたとRWC2019を契機とした国際交流が図られることを期待しています。

問合せ

国際交流入門講座(全国外大連合)ホームページ(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?