Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月5日

上尾市陣屋町内会自主防犯ボランティアの会を取材しました。

陣屋は、かつてこの辺りに大名の陣屋があったことから残る地名だそうです。
平成18年に活動の見直しをしてから、毎日地元小学校の登下校時間に通学路をパトロールしたり、住宅地を自転車等でパトロールするなど、熱心に活動しておられます。
その活動が高く評価され、平成23年度の警察庁の「現役世代の参加促進を図る環境づくり支援事業」の実施団体に、埼玉県で初めて指定されました。
現在の会員数は151人、平均年齢は45歳です。

この日は土曜日で、平日は仕事で忙しい現役世代の皆さんも参加して、夜間パトロールを行っておられました。
町内を1時間くらいかけて歩きます。若い方や女性も多いのが特徴です。

そのあとから青パト(青色回転等装備車)も出動します。車体の「警察庁指定」の表示は「県内ではここだけだよ」と会員のかたも誇らしげです。

パトロール中 青パト

左は警察庁の事業の指定通知です。指定を受けて、若い世代の会員がかなり増えたそうです。
防犯活動の拠点となっている集会所の入口正面には、誰でもすぐに見られるように、町内の安全マップが貼り出されています。暗い道、見通しが悪い道など、チェックポイントが一目で分かりますね。

通知書 安全マップ

ほかにも、数年前に近隣の大学からの提案を受けて、街灯の照度などを調べる町内の環境調査を実施しました。その結果を持って、街灯の少ない場所に防犯灯の増設を市へ要望したり、付近にお住まいのかたに門灯を点してくれるようお願いしたりしています。
また、防犯意識についてアンケートを実施し、住民がどのようなことに不安を抱いているかを把握したり、町内会の枠を超えて、地元の交番や周囲の事務区と協力して情報交換をするなど、防犯活動に生かしています。

区長の太田さんに防犯活動を盛り上げる秘訣は何ですか?とお聞きしたところ、まずは役員同士、そして住民同士がコミュニケーションをとって仲良くなること、とのこと。日頃からご近所の方にまめに話しかけたり、町内会の活動を通じてみんなが話をする機会を増やすなど、地域の人間関係がよくなるようにと考えておられるそうです。

パトロール隊

これからも、皆さん仲良く、ますます活動を盛り上げていってくださいね。

関連する情報

お問い合わせ

企画財政部 県央地域振興センター  

郵便番号362-0002 埼玉県上尾市大字南239番地1 埼玉県上尾地方庁舎1階

ファックス:048-777-1166

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?