Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月10日

若手人材採用セミナーの開催結果

内容

講義の概要(講師:(株)学情 栗本 達朗氏) 

 企業PR

  • 自社の強みは、以下について同規模の同業他社と比較して具体的に表現する。
  •  (1)会社の魅力:教育・研修体制、キャリアパス、給与・福利厚生、ブランド、立地、財務状況
  •  (2)仕事の魅力:顧客満足度、クライアントソース、社会貢献性、営業手法
  •  (3)人の魅力:社長・社員の人柄、頼れる先輩、社風

合同企業説明会の活用

  • ブース装飾では参加者の目に止まるように、伝えたい情報を「大きく」、生活に身近なモノを展示するとよい。
  • 入社からのキャリアアップの将来のイメージが湧きやすい説明だったり、質問を親身になって応えてくれると好印象になる。
  • ブースでは、(1)挨拶・資料配布、(2)アイスブレイク(雑談)、(3)説明開始(15~20分ほどが一般的)、(4)会社説明会の案内、(5)質疑応答、(6)終わりの挨拶の順に面談対応する。
  • ブース面談から自社説明会や選考につなげるために、次のスケジュールについての伝達、参加お礼メールをするとよい。

会社説明会

  • 若手社員や社長の話が聞けたり、会社の良い点だけでなく課題まで誠実に教えてくれると印象が良い。
  • 入社3年目、5年目の社員から仕事内容に関する話が聞け、それぞれのポジションでどのくらいの規模の仕事に携われるかが鮮明にイメージできてよかったとの声がある。

選考会

  • 面接は、応募者の選考や評価の機会ではなく、自社アピールにより企業理解を促進し、入社意欲を高める機会である。
  • 入社意欲を高めるためには、1回の面接で内定をするのではなく、複数回面接をするなど、内定者が「厳選された」、「自分のことを正しく理解された」と感じることが必要である。
  • 内定承諾理由として、「人事担当者や社員が魅力的だった」は、「自分の仕事ができそうだった」に次いで2番目に高い。そのため、人事担当者や面接官の人選やスキルアップは重要である。

若手人材1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若手人材2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 行政の人材確保支援策の紹介

ハローワーク川口

厚生労働省HP:事業主の方のための雇用関係助成金へリンク

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html 

雇用労働課(若年者支援担当)

埼玉県企業ガイド2019への掲載について(PDF)

雇用労働課(ハローワーク浦和・就業支援サテライト)

埼玉県雇用労働課HP:埼玉県企業人材サポートデスクの設置についてへリンク

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0809/kyuujin01.html

※当日イベント関係のお知らせで配布した資料は掲載しておりません。

※上記についての詳細はそれぞれの支援機関にご確認ください。募集に関するお知らせは締切日にご注意ください・ 

そのほかの国や県の支援策については、支援情報をまとめたホームページをご覧ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/b0102/nanbusanrou/jinnzaikakuho/index.html

 

 

お問い合わせ

企画財政部 南部地域振興センター 地域振興・産業労働・県民生活担当

郵便番号332-0035  埼玉県川口市西青木二丁目13番1号 埼玉県川口地方庁舎2階

ファックス:048-257-0529

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?