Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年2月15日

NPO活動紹介(特定非営利活動法人NPO戸田EMピープルネット)

今回は、NPO法人NPO戸田EMピープルネットの活動についてご紹介します。NPO戸田EMピープルネットは戸田市内で10年以上に渡り、市や諸団体などと連携しながら家庭系生ごみのリサイクル事業や川の浄化活動など幅広い環境保全活動に取り組んでいます。今回は家庭系生ごみのリサイクル事業を行っている現場を訪問しました。

<活動内容について>

家庭系生ごみのリサイクル事業では、趣旨に賛同した約1,000世帯の家庭からぼかし(米ぬかやもみ殻にEM菌(有用微生物群)を混ぜたもの)で1次発酵させた生ごみを回収し、蕨戸田衛生センター内にあるリサイクルフラワーセンターでたい肥化させて花を育てています。育てた花は、生ごみを回収した家庭に定期的に配られています。このたい肥を用いて、減農薬の野菜作りなども行っています。
そのほかにも、EM菌を活用した市内の河川の浄化活動や学校プールの清掃活動、市の各種イベントでの環境に関する啓発活動も行っています。

1 各家庭に配るEMぼかしの製造

2 これらのバケツで各家庭の生ごみを回収

3 回収生ごみを蘇生利器で発酵分解させる

4 乾燥した原料をペレット成形機でペレット化

5 完成した生ごみペレットたい肥

6 EMたい肥で育てられた花々

<スタッフについて>

生ごみの回収やぼかしを準備するスタッフの多くは60代以上の方で、社会に貢献できる仕事ができて他の高齢者との交流もできるということで、生きがいや楽しみを感じながら活動に参加されているそうです。現役時代に培ってきた経験や技能を生かし各自ができることをやり、できないことがあれば皆で協力して仕事をすすめているとのこと。人間関係も非常に良好で、辞める方はほとんどいないそうです。
4~5年前からは障がい者の方が、EMぼかしの製造作業及び今年からは新ペレット製造のスタッフとして勤務していますが、NPO戸田EMピープルネットの人間関係の良さは障がい者の方たちの間でも好評なのだそうです。

<今後について>

現在、市から委託を受けて、生ごみたい肥のペレット化を試行しています。ペレット化すれば、臭いがなく、取り扱いや保管がしやすくなるということで、今後改良を重ねて商品化を目指しているそうです。
ごみを減らし、安心・安全な材料を活用することによって、自分たちから循環型社会を作っていき、次世代に引き継いでいくことが大切であると考えているとのこと。そうした活動を進めていくためにも、これからもさまざまなイベントに参加して自分たちの活動を広め、同じ志を持つ仲間を増やしていきたいとのことでした。

※NPO法人NPO戸田EMピープルネット

〒335-0034埼玉県戸田市笹目5丁目7番地4

Tel:048-421-2008

お問い合わせ

企画財政部 南部地域振興センター  

郵便番号332-0035  埼玉県川口市西青木二丁目13番1号 埼玉県川口地方庁舎2階

ファックス:048-257-0529

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?