Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 建築物(設備) > 温室効果ガス排出量の削減について

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月22日

温室効果ガス排出量の削減について

温室効果ガス(CO2)排出量の削減「埼玉県環境配慮方針」に基づき地球温暖化防止対策を推進します。主な事業を紹介します。

1 東部地域振興ふれあい拠点施設

「省CO2の最先端モデル」東部地域振興ふれあい拠点施設

2 西部地域振興ふれあい拠点施設

西部地域振興ふれあい拠点施設パンフレット(PDF:1,289KB)

3 ESCO事業の推進(病院局併任業務)

ESCO事業とは?

省エネ設備を導入することにより光熱水費を削減し、その削減分から(1)導入費用(工事費)(2)サービス料(事業者に支払う運転管理費)
(3)利益を捻出する手法です。事業終了後は、削減分がすべて県の利益となります。

エスコ概念図

小児医療センターのESCO事業

平成18年度に改修工事を実施し、平成19年度からESCOサービス事業(5年間)を開始したところです。

平成19年度実績・エネルギーの削減量15,863ギガジュール/年

(原油換算で、200リットルのドラム缶2,046本分に相当)

CO2(二酸化炭素)の削減量1,081トン/年

(新宿御苑(58.3ha)の約4個分に当たる212haの森林が1年間に吸収する量に相当)

循環器・呼吸器病センターESCO事業

平成19年度に改修工事を実施し、本年度(平成20年度)からESCOサービス事業(4年間)を開始しています。目標は、エネルギーの削減量は、原油換算ドラム缶約2,000本分、二酸化炭素CO2削減量が、新宿御苑の約3.5個分に当たる200haの森林が1年間に吸収する量の省エネ効果を見込んでいます。

4 再生可能エネルギー導入について

再生可能エネルギー利用について

温室効果ガス排出量の削減について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 設備課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎3階

電話:048-830-5630

ファックス:048-830-4891

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?