Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 景観 > 屋外広告業登録制度に関するご案内

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月5日

屋外広告業登録制度に関するご案内

埼玉県における屋外広告業の登録手続についてご案内します。

 

1屋外広告業は登録が必要です

2屋外広告業の登録申請手続

3屋外広告業の登録後の順守事項

4屋外広告業登録の取消し等

5屋外広告業登録の更新手続

6平成27年4月1日以降は越谷市へ登録が必要です

7屋外広告業監督処分基準について

8屋外広告物による危害防止について

1屋外広告業は登録が必要です

広告主から屋外広告物の表示や掲出物件の設置に関する工事等を請け負うなど、屋外で公衆に表示することを業として行う営業を「屋外広告業」といいます。屋外広告業を営む方は、営業活動を行う都道府県(又は一部の市)から屋外広告業として登録しなければなりません。

 

営業活動を行う地域別の登録先

営業活動を行う地域

登録先

さいたま市、川越市、越谷市を除く埼玉県内全域 埼玉県
さいたま市内のみ さいたま市
川越市内のみ 川越市
越谷市内のみ 越谷市

※政令市(さいたま市)と中核市(川越市、越谷市)には、埼玉県とは別にそれぞれ登録する必要があります。

※越谷市が中核市へ移行したことに伴い、平成27年4月1日以降は越谷市においても埼玉県とは別に登録する必要があります。

 

埼玉県内の屋外広告業登録の連絡先

名称

担当課名

電話番号

ホームページ

さいたま市 都市計画課 048-829-1409 さいたま市の屋外広告業登録のホームページ
川越市 都市景観課 049-224-5961

川越市の屋外広告業登録のホームページ

越谷市 建築住宅課 048-963-9205 越谷市の屋外広告業登録のホームページ
埼玉県 田園都市づくり課 048-830-5528 (このホームページです)

※登録を受けないで屋外広告業を営んだ者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることがあります。

1-1業務主任者の設置

屋外広告業の登録を受けるためには、営業所ごとに業務主任者を設置する必要があります。業務主任者になるためには、次のいずれかに該当することが必要です。

  1. 国土交通大臣の登録を受けた法人が広告物等に関し行う試験に合格した者(屋外広告士を含む。)
  2. 屋外広告物に関する講習会の課程を修了した者(他県市で開催された講習会でも可)
  3. 広告美術科に係る職業訓練指導員免許を受けた者、広告美術仕上げに係る技能検定合格者、広告美術科に係る職業訓練を修了した者
  4. 知事が1.~3.と同等以上の知識を有するものと認定した者

1-1-1屋外広告物講習会について

埼玉県内では、さいたま市、川越市、越谷市及び埼玉県の4者が、それぞれ年1回ずつ順番に屋外広告物講習会を開催しています。

平成29年度は川越市において開催されます。詳細は次のホームページを参照してください。

川越市が開催する平成29年度屋外広告物講習会のホームページ

なお、他県等で開催される屋外広告物講習会の日程については、次のホームページを参照してください。

一般社団法人法人日本屋外広告業団体連合会のホームページ

1-2登録拒否事由

以下の事項に該当する場合は、屋外広告業の登録を受けることができません。

  1. 登録申請書、添付書類のうちに重要な事項について虚偽の記載、重要な事実の記載が欠けているとき
  2. 登録の取消しを受けてから2年を経過していない者
  3. 法人である屋外広告業者が登録を取り消された場合において、その処分前30日以内に当該法人の役員であった者で、処分日から2年を経過しないもの
  4. 営業停止命令を受け、その停止期間が経過していない者
  5. 屋外広告物法に基づく条例又は条例に基づく処分に違反して罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は受けることがなくなった日から2年を経過しない者
  6. 屋外広告業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者でその法定代理人が2.~5.のいずれかに該当するもの
  7. 法人の役員のうちに上記2.~5.のいずれかに該当する者があるもの
  8. 営業所ごとに業務主任者を選任していない者

 

2屋外広告業の登録申請手続

屋外広告業の登録申請は、登録申請書に必要な添付書類を添え、埼玉県都市整備部田園都市づくり課景観・屋外広告物担当まで申請してください。原則として郵送で受付を行っております。持参される方は、前日正午までに事前に連絡してください。なお、登録手数料として10,000円分の埼玉県収入証紙(複数の埼玉県証紙の組み合わせでも可)が必要です。

必要な書類は次のとおりです。なお、登記事項証明書及び住民票は直近3カ月以内に交付されたもの(登記事項証明書、住民票ともに原本)を添付してください。

2-1登録申請書

屋外広告業登録申請書(様式12号)(ワード:61KB) (PDF:103KB)※埼玉県収入証紙10,000円分を貼付。

 ※詳しくは2-6の申請ガイドを参照してください。

2-1-1添付する書類

申請者が『法人』の場合
申請者が『個人』の場合

2-2提出部数

各1部(受付印が押印された申請書の写しの送付を希望される方は、その旨を記入したメモを同封してください。)

2-3埼玉県収入証紙の購入について

埼玉県収入証紙の販売場所については、下記をご覧ください。

埼玉県収入証紙について〈出納総務課ホームページ〉

郵送による購入を希望される方は、下記のホームページの「Q3県外に住んでいるため、収入証紙を買いにいけません。収入証紙を郵送してもらうことはできますか?」をご覧ください。

(埼玉県収入証紙について)よくある質問〈出納総務課ホームページ〉

2-4申請書の提出先

〒330-9301
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1
埼玉県都市整備部田園都市づくり課景観・屋外広告物担当

※現場に出向いていることがあるため、持参される方は前日正午までに事前に連絡してください。

2-5さいたま市、川越市、越谷市においても屋外広告業として営業を行う場合

さいまた市、川越市、越谷市において屋外広告業として営業活動を行う場合は、原則としてさいたま市、川越市又は越谷市に屋外広告業の登録を受ける必要があります。なお、3市とも埼玉県に屋外広告業として登録されたことを届け出ることにより、市に登録したとみなす制度があります。詳しくは、それぞれの市のホームページを参照してください。

さいたま市の屋外広告業登録の特例制度のホームページ

川越市の屋外広告業登録のホームページ

越谷市の屋外広告広告業登録のホームページ

2-6申請ガイド等

新規申請ガイド

更新申請ガイド

法定代理人の誓約書の記入例(PDF:87KB)

3屋外広告業の登録後の順守事項

3-1標識の掲示

営業所ごとに名称、登録番号等を記載した屋外広告業者登録票(様式第21号)(ワード:37KB) (PDF:48KB)を掲げる必要があります。

3-2帳簿の備付け

営業所ごとに注文者の氏名、広告物の表示又は掲出物件の設置の場所等を記載した受注記録帳簿(様式第22号)(ワード:37KB) (PDF:50KB)を、5年間備え付ける必要があります。

3-3変更の届出

登録事項に変更があったときは、変更の届出を行う必要があります。変更の届出は、変更があった日から30日以内に、屋外広告業登録事項変更届出書(様式第14号)(ワード:41KB) (PDF:68KB)に、次の書類を添付して1部提出してください。なお、登記事項証明書及び住民票は直近3カ月以内に交付されたもの(登記事項証明書、住民票ともに原本)を添付してください。

変更事項別の添付書類等

変更事項

添付書類

変更届記入例

登録者の氏名又は名称

登記事項証明書(法人の場合)

住民票(個人の場合)

 登録者名変更の記入例(PDF:90KB)

登録者の住所(※1)

登記事項証明書(法人の場合)

住民票(個人の場合)

 所在地変更の記入例(PDF:95KB)

法人の代表者(※2)

登記事項証明書

役員内での代表者変更の記入例(PDF:90KB)

役員就任と同時に代表者就任の変更の記入例(PDF:99KB)

 

営業所の名称又は所在地

登記事項証明書

(登記事項の変更を必要とする場合に限る)

 営業所変更の記入例(PDF:94KB)
営業所の新設

登記事項証明書

(登記事項証明書の記載されている場合に限る)

新設営業所の業務主任者の資格証明書

新設営業所の業務主任者の住民票

営業所の新設の記入例(ワード:43KB)
営業所の廃止

登記事項証明書

(登記事項証明書の記載されている場合に限る)

営業所の廃止の記入例(ワード:42KB)

法人の役員(※3)

登記事項証明書

誓約書(様式第12号の3)(ワード:36KB) (PDF:79KB)

 法人役員変更の記入例(PDF:92KB)

法定代理人の住所又は氏名

誓約書(様式第12号の4)

住民票

 

業務主任者

資格証明書

住民票

 業務主任者変更の記入例(PDF:93KB)
業務主任者の住所 住民票  

※1複数の変更事項に該当する場合においては、変更届出書を変更事項別に別葉にする必要はありません。可能であれば、1枚にまとめても差支えありません。

※2法人の役員でない方が役員就任と同時に代表となった場合は、法人役員としての変更届も必要です。

※3法人の役員変更に伴う誓約書は、新たに役員に就任された方のみ提出してください。(記入例(PDF:97KB))

※4登記事項証明書は変更内容が確認可能なもの(変更前と変更後の内容が明記されているもの)に限ります。「履歴事項全部証明書」が一般的です。

※5変更届があっても、既に発行した登録通知書の再発行は行っておりません。

※6受付印が押印された変更届出書の写しの送付を希望される方は、その旨を記入したメモ及び切手を貼った返送用の封筒を同封してください。

3-3-1さいたま市、川越市、越谷市に特例届出を行っている場合

さいたま市、川越市、越谷市に特例届出を行っている登録者(埼玉県に屋外広告業として登録されたことを届け出たことにより、市に登録されたみなされている事業者)は、埼玉県とは別に、それぞれの市へ変更の届出が必要です。詳しくは、それぞれのホームページを参照してください。

また、それぞれの市へ届出するため埼玉県の受付印が押印された変更届出書の写しが必要な場合は、その旨を記入したメモ及び切手を貼った返送用の封筒を同封してください。

さいたま市の屋外広告業登録の特例制度のホームページ

川越市の屋外広告業登録のホームページ

越谷市の屋外広告業登録のホームページ

3-4廃業等の届出

屋外広告業を廃止(事業所としての廃業以外にも、さいたま市、川越市、越谷市を除いた埼玉県内における営業活動の撤退も含みます)したときは、廃業等の届出を行う必要があります。廃止等の日から30日以内に、以前に交付された屋外広告業登録通知書を添付して屋外広告業廃業等届出書(様式第15号)(ワード:44KB) (PDF:87KB)を提出してください。

3-4-1さいたま市、川越市、越谷市に特例届出を行っている場合

さいたま市、川越市、越谷市に特例届出を行っている登録者(埼玉県に屋外広告業として登録されたことを届け出たことにより、市に登録されたとみなされている事業者)は、埼玉県とは別に、それぞれの市に廃業等の届出が必要です。詳しくは、それぞれのホームページを参照してください。

さいたま市の屋外広告業登録の特例制度のホームページ

川越市の屋外広告業登録のホームページ

越谷市の屋外広告広告業登録のホームページ

3-5屋外広告物に関する法令等

営業活動を行う地域によって屋外広告物のルール(適用される条例等)が異なります。屋外広告物を掲出する際には、その地域のルールを確認し、ルールに沿って屋外広告物を掲出してください。

 

営業活動を行う地域別に適用される条例等

 営業を行う地域

摘要される条例等 

川口市内 川口市の屋外広告物条例のホームページ
春日部市内 春日部市の屋外広告物条例のホームページ
戸田市内 戸田市の屋外広告物条例のホームページ
新座市内 新座市の屋外広告物条例のホームページ

八潮市内

八潮市の屋外広告物条例のホームページ

三郷市内 三郷市の屋外広告物条例のホームページ       
上記の市及びさいたま市、川越市、越谷市を除いた埼玉県内の市町村内

埼玉県屋外物条例(ワード:106KB)

埼玉県屋外広告条例施行規則(ワード:127KB)

埼玉県屋外広告物条例に基づく禁止地域等の指定について(告示)(ワード:51KB)

※川口市、春日部市、戸田市、新座市、八潮市、三郷市は屋外広告物について埼玉県とは異なる市独自の条例が適用されます。ただし、屋外広告業の登録事務は行っていません。

※さいたま市、川越市、越谷市は埼玉県とは別途屋外広告業を登録することになっているため、上記の表には掲載しておりません。詳しくは、それぞれの市のホームページ等をご覧ください。

 

4屋外広告業登録の取消し等

以下の事項に該当する場合は、登録の取消し又は営業の全部・一部の停止(6ヶ月以内)を命じられる場合があります。

  1. 不正の手段により屋外広告業の登録を受けたとき
  2. 登録拒否事由に該当することになったとき
  3. 登録事項の変更届出がなされず、又は虚偽の届出をしたとき
  4. 屋外広告物法に基づく条例又は条例に基づく処分に違反したとき

5屋外広告業の登録更新手続

登録の有効期間は5年間です。有効期間満了後も引き続き屋外広告業を営もうとする場合は、更新の登録の申請が必要となります。原則として更新の案内は行っておりません。

有効期間の満了する日の3か月前から更新申請の受付を行いますので、30日前までには更新の申請手続を行うようにしてください。なお、有効期間満了後であっても更新手続は可能です。ただし、その場合の有効期間の始期は、更新前の有効期間満了日の翌日となります。

なお、更新申請の際には、屋外広告業登録通知書を送付するため140円切手を貼った返信用封筒(A4用紙が折らないで入る大きさ)1通を申請書に同封してください。

なお、更新手続に係る書類、手数料の納付方法等は新規登録時と同じですので、「2屋外広告業の登録申請手続」を参照してください。

6平成27年4月1日以降は越谷市への登録が必要です

越谷市が中核市へ移行したことに伴い、既に埼玉県に登録を行った屋外広告業の方であっても、平成27年4月1日以降に越谷市内で屋外広告業を営む場合には、埼玉県とは別に越谷市へ屋外広告業の登録が必要になります。

詳しくは下記へお問い合わせください。

越谷市都市整備部建築住宅課住宅担当048-963-9205(直通)

7屋外広告業監督処分基準について

屋外広告事業者が条例に違反した場合などに屋外広告業登録取り消し処分といった不利益処分を適正に行うため、「埼玉県屋外広告業監督処分基準」「埼玉県屋外広告業監督処分事務処理要領」を定めました。

平成27年4月1日以降はこの基準に基づき、営業停止、屋外広告業登録取り消しなどの不利益処分を行っていきます。

屋外広告業監督処分基準(概要版)(PDF:278KB)

屋外広告業監督処分基準(PDF:167KB)

屋外広告業監督処分事務処理要領(PDF:276KB)

屋外広告業監督処分事務処理要領に定める様式(PDF:292KB)

8屋外広告物による危害防止について 

 平成27年2月15日に札幌市内で屋外広告物の落下事故が発生しました。

このような事故が今後発生しないよう、屋外広告事業者の方においては掲出した屋外広告物を定期的に点検し、併せて老朽化等による倒壊、落下の恐れがあるものについては、速やかに改修等を行ってください。

埼玉県から屋外広告事業者向け通知(PDF:106KB)

落下事故の概要(国土交通省の資料から)(PDF:397KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 田園都市づくり課 景観・屋外広告物担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

電話:048-830-5528

ファックス:048-830-4879

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?