Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 都市計画 > 産業基盤づくり > 田園環境との調和、乱開発の抑止

ここから本文です。

 

掲載日:2017年4月4日

田園環境との調和、乱開発の抑止

圏央道の県内開通により、圏央道周辺地域における開発ポテンシャルが高まる一方、圏央道インターチェンジ周辺では資材置き場が乱立する等、美観を損ねる土地利用の発生が懸念されました。

そこで、県は圏央道周辺地域の緑豊かで美しい田園環境を次世代に引継ぐため、「田園都市産業ゾーン基本方針」及び「圏央道インターチェンジ周辺地域の乱開発抑止に向けた共同宣言」(平成20年1月)を受けて、平成20年3月に「圏央道インターチェンジ周辺地域乱開発抑止連絡会議」を設置し乱開発抑止への活動に取り組んでまいりました。

平成29年4月より新たに「田園都市産業ゾーン周辺地域乱開発抑止連絡会議」を設置し、圏央道インターチェンジ周辺の16市町と県に加え新たなる産業団地を整備する市町村などにおいて乱開発抑止へ取り組んでまいります。

連絡会議構成

 圏央道インターチェンジ周辺の16市町(重点抑止エリア位置図参照)及び県(平成29年4月現在)

主な取組

  • 乱開発の抑止に向けた意識向上のための啓発活動
  • 乱開発重点抑止エリアにおける一斉パトロールの実施
  • 各市町及び県との横断的な情報交換

圏央道IC周辺地域の乱開発「重点抑止エリア」 

田園都市産業ゾーン周辺地域乱開発抑止連絡会議の構成市町では、それぞれ「乱開発抑止基本方針」を定め、その中で特に乱開発の抑止を図る「重点抑止エリア」を設定しております。

重点抑止エリアとは、インターチェンジ周辺地区や新たに整備する産業団地の周辺地区などにおいて、その土地の利用状況に応じて特に乱開発抑止に取り組んでいるエリアです。

現在、圏央道インターチェンジ周辺の16市町において「重点抑止エリア」と設定しています。 

圏央道IC周辺地域の乱開発抑止基本方針重点抑止エリア位置図

 重点抑止エリアのタイプ別乱開発対象行為

重点エリアのタイプ

※タイプは各市町で市街化調整区域の土地利用に応じて定めています。

※資材置場等には、残土置場、建設機械、重機置場、コンテナボックス置場等を含む

※関係法令等とは、農業振興地域の整備に関する法律(農振法)、農地法、景観法、都市計画法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法)、土砂の排出、たい積等の規制に関する条例(土砂条例)及び屋外広告物条例をいう

資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 田園都市づくり課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

電話:048-830-5545

ファックス:048-830-4879

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?