Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 震災都市復興に向けた取組 > ~みんなで伝えて・みんなのために~さいたま減災プロジェクト

ここから本文です。

 

掲載日:2015年9月10日

~みんなで伝えて・みんなのために~さいたま減災プロジェクト

「さいたま減災プロジェクト」をすぐ使いたい方へ

「さいたま減災プロジェクト」ウェブサイト

※注意点 震度分布図建物全壊棟数分布図火災焼失棟数分布図液状化可能性分布図避難所位置図上尾市浸水予想区域図熊谷市内水浸水実績図

「さいたま減災プロジェクト」って何?何が便利なの?

パンフレットのダウンロード

「さいたま減災プロジェクト」県民向けパンフレット(PDF:240KB)

「さいたま減災プロジェクト」行政向けパンフレット(PDF:717KB)

こんな風に思ったことはありませんか?

吹き出し

「あの場所」が「今どうなっているのか」を知りたい!

でも、どうやって調べればいいのかわからない。。。

そんなときは、「さいたま減災プロジェクト」の出番です。

「さいたま減災プロジェクト」は、災害情報の閲覧や投稿ができるインターネットサイトです。

例えば、こんなことができます。

tatumaki

興味を持った方は、もう少しお付き合いください。

さいたま減災プロジェクトの情報源は、「みなさんが投稿するリポート」です。

リポートは、被害状況の把握や災害への備えに役立ちます。

投稿は、インターネットサイトかスマホアプリからできます。

「さいたま減災プロジェクト」のその他の便利な機能をご紹介します。

過去のリポート閲覧

過去に起きた災害情報を確認することができます。

yuki

マップオプション

避難所マップや液状化マップなどを表示することができる機能です。

下の図は、避難所マップと液状化マップを重ね合わせたものです。

丸い印は避難所の位置、赤や黄色の色分けは液状化可能性を示しています。

(マップの利用については、注意点をご確認ください。)

ekijouka

【過去のリポート閲覧】と【マップオプション】を組み合わせた活用

上で紹介した機能を複合的に利用することで、災害への備えに活用していただくことができます。下はあくまで活用例であり、危険の有無を示すものではありません。

kumiawase1

kumiawase2

さいたま減災メール

メールアドレスを登録しておくと、災害の可能性がある場合に、注意のメールが送信される機能です。

 

 さいたま減災プロジェクトのウェブサイトを開き、「さいたま減災メール設定」すると、以下のようなメールを受信することができます。

 

平成26年4月4日に実際に配信されたメール(さいたま減災メール)

 

タイトル:さいたま減災メール

 ゲリラ豪雨に注意

栃木県から激しい雷雨やヒョウが積もったという報告が到着。県内からも怪しい黒い雲のリポートが多数寄せられています。雷雨の時間は10~20分前後ですが、18時頃まではゲリラ雷雨やヒョウ、突風に注意が必要です。随時、最新情報をご確認ください。

 

【留意点】防災図面のご利用について

マップオプションをクリックすることにより、液状化可能性分布図や避難所位置図などの防災図面を表示することができます。

防災図面の利用に当たりましては、それぞれ次の点に留意してください。

震度分布図・建物全壊棟数分布図・火災焼失棟数分布図・液状化可能性分布図 (作成者:埼玉県危機管理防災部危機管理課) 縮尺:約1/15,000

  • この分布図は、東京湾北部地震を想定したものです。
  • 地震被害想定の結果は、いくつかの仮説を積み重ねて算定したものであり、ここで想定した地震と同じ地震が必ず起こるとは限りません。したがって、個々の想定被害についても、調査結果の通りに起こるとは限らないことに留意する必要があります。 
  • 液状化可能性分布図は、個人では調べることが難しい液状化発生の目安を示すことが目的であり、「絶対に液状化する・しない」と断定するものではありません。
  • 「液状化の可能性が低い地域」或いは「液状化の可能性が極めて低い地域」についても、埼玉県が液状化は発生しないことを保証するものではありません。
  • 液状化可能性分布図は、収集したボーリング資料にもとづいて作成したものであり、地盤改良などの効果は考慮されていないことに注意してください。

避難所位置図 (作成者:埼玉県危機管理防災部消防防災課)

  • 広域避難場所
    火災の延焼による危険性が高い密集市街地などについて、あらかじめ広域避難場所を確保することとしております。
  • 避難所
    避難所は、原則として町会(又は自治会)又は学区を単位として、あらかじめ指定することとしております。

内水ハザードマップ(上尾市浸水予想区域図、熊谷市内水浸水実績図(作成者:市下水道課)縮尺:1/20,000

内水ハザードマップは、洪水ハザードマップとは異なります。側溝や下水道などが雨水を排水しきれず、建物や道路などが浸水することを内水氾濫と呼び、内水ハザードマップとは、内水氾濫による浸水区域図のことを指します。

内水ハザードマップは、市町村が独自に作成したものであり、「浸水実績のみを示したもの(例:上尾市浸水予想区域図)」や「浸水実績を踏まえ、浸水想定区域を示しているもの(例:熊谷市浸水実績図)」など、市町村ごとに算定方法やマップの特性が異なります。従って、「○○市よりも○○市の方が浸水しやすい」と単純に比較できるものではありません。

また、各市町村の内水ハザードマップは、住民や自治体職員から寄せられた情報を基に作成しており、浸水実績を正確に反映しているものではありません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 総務・企画担当(企画チーム)

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

電話:048-830-5337

ファックス:048-830-4881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?