Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 防災対策 > 震災対策 > 被災宅地危険度判定制度とは

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月28日

被災宅地危険度判定制度とは

目次

制度創設の背景

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の際、宅地の被害状況を調査するにあたり、被災した地域の地方公共団体の職員だけでは被害状況調査が困難であることが明らかになり、地方公共団体の枠組みを超えた支援体制整備の必要性が認識されました。
これを受け、平成9年に国や都道府県、政令指定都市、都市基盤整備公団(現:独立行政法人都市再生機構)が連携し、「被災宅地危険度判定制度」を創設しました。

制度の目的

大規模な地震や大雨によって被災した地盤や擁壁等の危険度を、土木や建築に関する専門知識を持つ技術者(被災宅地危険度判定士)が判定し周知します。これにより、適切な応急対策を講じて二次災害を軽減・防止し、住民の安全の確保を図るとともに、被災宅地の円滑な復旧に資することを目的としています。

被災宅地危険度判定士

被災宅地危険度判定士になるためには、土木や建築に関して一定の資格・実務経験を有し、かつ県が実施する講習会を受講し登録を受ける必要があります。
登録された判定士は、被災地した市町村や都道府県からの要請に基づき、判定活動にご協力いただきます。
平成29年4月1日現在、全国で約35,950名が登録されています。

被災宅地危険度判定士養成講習会のページ

それぞれの役割

相互支援体制(判定士派遣の流れ)

判定士派遣の流れ

埼玉県の役割

県は、判定士の養成と登録事務を行います。また、被災した市町村が被災宅地危険度判定を行う場合、その市町村を支援するとともに、必要に応じて他の都道府県に判定士の派遣を要請します。

市町村の役割

被災宅地危険度判定の実施主体となり、判定士の協力を得て危険度判定を実施します。

判定士の役割

市町村が行う危険度判定に協力し、被害状況の調査と危険度判定を行います。

判定活動

危険度判定を実施する場合

市町村に災害対策本部が設置されるような大規模な地震や豪雨等が発生し、宅地が大規模かつ広範囲に被災した場合に判定活動を実施します。

埼玉県被災宅地危険度判定実施要綱(PDF:26KB)

判定作業の方法

判定士3名程度を1チームとし、5チーム程度が班を編成して、同一地域を同一時期に調査します。
調査対象は、建築物に被害を及ぼすおそれのある地盤、法面、擁壁などです。
判定士は、調査票に定められた判定基準により、客観的に危険度を判定します。
1つの班が行う判定作業の期間は、最長1週間程度です。

被災した擁壁等の調査状況

判定結果の表示

判定結果は、下記の3種類の判定ステッカーを宅地等の見やすい場所に表示します。宅地の所有者・居住者だけでなく、周辺の住民等に対しても安全であるかどうかを周知し、二次災害の防止を図ります。

ステッカーの説明文
判定結果(危険) 判定結果(要注意) 判定結果(調査済)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 開発指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

電話:048-830-5478

ファックス:048-830-4881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?