Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 防災対策 > 震災対策 > 平成29年度戸建て住宅の液状化対策研修会

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月21日

平成29年度戸建て住宅の液状化対策研修会 

東日本大震災で大きな被害のあった「戸建て住宅の液状化」については、国をはじめ被災自治体や学会等において、その対策や研究が進められてきました。

埼玉県内の被害は限定的でしたが、平成25年度に公表された「平成24・25年度埼玉県地震被害想定調査報告書」では、液状化による全半壊棟数は最大で17,591棟と推定されています。

そこで、戸建て住宅の液状化被害について、その発生メカニズムや対策工法、先進事例に関する研修会を開催します。
液状化対策に興味のある方は、是非ご参加ください。

研修会のご案内(PDF:429KB)

日時

平成29年11月15日(水曜日) 14時から16時まで(開場:13時30分)

場所

埼玉県庁第三庁舎 4階 講堂
(所在地:さいたま市浦和区高砂3-15-1)

内容

1 埼玉県の液状化被害想定
(講師:埼玉県都市計画課)

2 戸建て住宅の液状化被害と対策工法
(講師:東京電機大学 安田 進 教授)

対象

建築・不動産関係事業者の方

参加費

無料

申込方法

受講申込書に氏名や連絡先等を記入の上、下記申込先に郵送、FAXまたはメールで提出してください。

受講申込書(ワード:185KB) 

申込締切日

平成29年11月6日(月曜日)必着

定員

150名(申込順)

※県・市町村職員も当研修会に出席します。定員には県・市町村職員の人数も含まれますので、ご注意ください。

留意事項  

1.会場へお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
2.申込みの際は、必ず連絡先をご記入ください。大雨、風雪、地震等でやむを得ず中止する場合など緊急連絡で使用いたします。
3.個人情報については、当研修会の目的以外には使用いたしません。

申込先・問合せ先

埼玉県 都市整備部 都市計画課 開発指導担当

〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1

電話 048-830-5478

FAX 048-830-4881

Eメール a5330-16@pref.saitama.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 開発指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

電話:048-830-5478

ファックス:048-830-4881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?