Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 防災対策 > 震災対策 > 令和元年度戸建て住宅の液状化対策研修会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月11日

令和元年度戸建て住宅の液状化対策研修会

 平成23年に発生した東日本大震災では、これまでの想定を超える地震・津波が発生し、広域かつ甚大な被害を被りました。県では平成24~25年度に地震被害想定調査を実施したところ、液状化による建物の全壊・半壊棟数が最大で17,591棟と推定されています。
 そこで、液状化・地盤災害・土木災害の第一線で活躍されている、東京電機大学 安田 進 名誉教授と、東日本大震災において実際に液状化の被害があった、久喜市の担当部局(建設部 都市整備課)職員を講師にお招きし、液状化によって生じる被害の実態と予防について解説していただきます。  

 

広報チラシ(PDF:445KB)

受講申込書(ワード:32KB)

研修会資料(準備中) 

 

開催日時

令和元年11月28日(木曜日) 13時30分から16時30分まで(開場:13時00分) 

開催場所

埼玉教育会館 201・202会議室

(所在地:さいたま市浦和区高砂3-12-24)

 内容

1.液状化による被害の実態と予防について考える
 (講師:東京電機大学 安田 進 名誉教授)
2.東日本大震災における久喜市の液状化被害と対策について
 (講師:久喜市 建設部 都市整備課)

参加費

無料

定員

150名

募集締切日

令和元年11月15日(金曜日)

申込方法

受講申込書をファックスまたはEメールにて提出

ファックス 048-830-4881

Eメール a5330-16@pref.saitama.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 開発指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

ファックス:048-830-4881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?