Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 景観 > 川の国埼玉魅力100選 > 川の国埼玉 魅力100選 選定箇所 (県東地域)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月30日

川の国埼玉 魅力100選 選定箇所 (県東地域)

県東地域の選定箇所(26箇所)をご紹介します。 *写真をクリックすると拡大されます。

加須市大字北小浜地内

加須駅前の市街地を流れる会の川用水路。水路の両側に住宅が並び、おもむきのある空間になっています。水に人々の生活が溶け込んでいるようにも見えます。

加須市水深

散歩や散策で、長閑な田園風景を満喫できます。

草加市金明町

草加新田駅から越谷蒲生を結ぶ東武線の間に流れている綾瀬川。草加側の金明町に流れる綾瀬川の土手は春は桜並木の散歩道。初夏は緑とあじさいの土手、お花見の頃は各々のグループ、親子づれ等々のお花見、夜もぼんぼんが付いて大変美しい所です。平素は健康の為の散歩、犬との散歩等、人が通ります。川の水も最近きれいになって魚も時々はねています。つりをしている人もいます。地元の自慢の場所です。

草加市 草加松並木とハーブ橋

遠く東京湾に流れる綾瀬川と草加松並木。春夏秋冬いずれの季節も風情あり。昔が忍ばれる場所。昭和30年初期の頃は大八車で往来していたなんて想像できますか?

草加市 札場河岸公園

昔ここに川岸があったそうです。望楼からの眺めは最高。春には桜が満開になり、見事です。

蓮田市 関橋下流

早春にはコブシが咲く雑木林。キジが美しい姿を見せながら鳴き、水辺ではカルガモやカイツブリが子育てをします。水質も少しずつ良くなってきました。このまま静かに見守って欲しい名所です。

杉戸町清池、宮代町百間

杉戸町と宮代町にはさまれた大落古利根川では毎年8月に流灯祭が開催されます。1つの灯籠で畳1畳ほどの大きさがあり、長さは全長1kmにも及びます。

杉戸町堤根、宮代町中島

杉戸町から春日部市にかけての大落古利根川沿いには、遊歩道や町道があり、散歩するのに最適。特に杉戸町堤根から宮代町中島方面を見た景色は、空間の広がりが感じられ、すばらしいものでした。

越谷市 市民会館前

瓦曽根堰で堰上げられた農業用水路。広大な水面でリクリエーション。遊歩道を歩いて疲れたらパーゴラでひと休み。

草加市 稲荷公園付近

石段を下りる水辺がそぐそこです。昔は家庭用水として大事に大切に守られたのでしょうか?これからも大切にしたいものですね。

羽生市本川俣 葛西親水公園

葛西用水の元圦(取水口)は利根川の右岸堤防に設けられていたが、利根大堰が完成したことにより、見沼代用水や羽生領用水などと取水口を一箇所にまとめられ、元圦の跡地に整備されたのがこの親水公園で、羽生市の文化財に指定されている。池の面積が公園の1月3日を占めており、優れた水辺空間となっている。

蓮田市 東南部

蓮田市東南部にある農業用のため池。周りは田んぼが広がり、とっても静かです。首都圏に残された貴重な自然空間として、後世に残しておきたいものです。

幸手市 外野橋と権現堂堤

権現堂と外国府間を結ぶ夢の懸け橋として、平成15年2月に完成したのがこの「外野橋」です。右岸の堤が桜の名所として有名な権現堂の桜堤です。桜のお花見ともなれば、沢山の客人が外野橋を渡って、桜堤へと行き交うのです。華やかな権現堂堤の上には悲しい順礼親子を供養するための順礼供養の碑が昭和63年3月に建てられていることも忘れることができないのです。

大利根町大字杓子木地内

水路両側のアジサイの花は見事です。

しもひやりかわ
加須市下樋遣川地内

菜の花が咲く時期は、特に趣があり、石橋と黄色に染まる菜の花のその風景はふるさとのありがたさを感じさせます。

栗橋町 利根川橋

奥州街道が利根川を渡る所に江戸時代置かれた房川渡中田関所があり、通行人の取締が行われました。明治2年関所は廃止となりました。利根川を渡るには渡し船に頼らなければなりませんでしたが、大正13年9月利根川橋が完成しました。橋の袂の土手に立ちますと、北に日光連山、東は筑波、西には富士山が眺められるすばらしいところです。遠くには赤城山や浅間山なども見ることができます。

幸手市 宇和田堰

権現堂川(現中川)の堤を切り開いたような箇所を流れる川筋に昭和3年庄内古川改修事業によってつくられた流量調節堰が「宇和田堰」です。水の利害を深く刻んだ論証堰の今の姿です。堤には桜並木があり、宇和田公園にはたくさんの石碑が立ち並び、歴史を知ることができます。

白岡町 高台橋 背越橋

春には、桜のピンク、菜の花の黄色、草木の緑が映えて美しいです。

宮代町 道佛

姫宮落川の両岸に植えられた桜並木。春には満開の桜が川面に映し出され、とてもきれいです。

行田市 江袋橋・馬見塚橋

キタミソウ(絶滅危惧種1A)が貴重な自然環境です。

越谷市 不動橋

ポケットパークがあり、子どもたちが川を見ながら遊べる場所です。5月には鯉のぼりが泳ぎ、川から見上げる鯉の大群に子どもたちはおおはしゃぎです。

蓮田市 川島橋

子ども達が遊べる水辺 元荒川沿いに造られた小川にフナ・モツゴ・オイカワなどの魚が戻ってきました。アシ原の向こうで元荒川につながっており、市民の憩いの場として親しまれています。市民団体が催す「子ども釣り大会」には毎年大勢の親子連れが参加して楽しんでいます。

蓮田市 川島橋から城北橋

橋と橋の間が長いため(川を遮るものがない)雄大な川を見ることができる。両おたんぼで住宅地に近いわりには静かで、川にそって細い道路があり、散歩しやすい。また、護岸されていないため、川の自然な状態を見られ、植物、鳥、虫、魚なども非常に多いです。

蓮田市 川島橋上流左岸

奈良平安の時代から若菜つみとして親しまれてきた山菜とりです。秋には野菊となるヨメナやツクシなど春の恵みがいっぱいです。子どもたちは草つみばかりでなく、ゴミ拾いも楽しそうにしていました。この「奈つみウオーク」は、」子どもたちを感性豊かにそだててくれる良い催しと思います。

蓮田市 宮前橋上流

花見でにぎわう春と違い、紅葉の桜並木には訪れる人もすくなく、その美しい姿を川面に映すばかりです。蓮田の元荒川は一年を通して、私たちの心をやすめ、元気を与えてくれる、よい川ですので、ゴミを無くし水質ももう少し良くしたいと願っています。

菖蒲町小林

小林調節池の周囲堤の一部と、菖蒲町役場前の八束緑地グランドの土手にはラベンダーが植えられており、満開になると鮮やかな薄色と独特のすがすがしい香りが楽しめます。ラベンダーの花の見頃は6月中旬~下旬で、菖蒲町によるイベントも開催されています。

その他の候補箇所について

一覧へ戻る

お問い合わせ

県土整備部 河川砂防課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎3階

電話:048-830-5125

ファックス:048-830-4865

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?