Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年1月7日

発注者の一方的解除

業者と請負契約を締結したが、別の業者の方が信頼置けるような気がしてきたので契約を解除したい。

解除は可能か。また手付金は返してもらえるか。

工事途中であれば一方的理由でも解除は可能

請負契約の仕事が完成する前であれば、注文主は一方的な理由で契約を解除できます。ただし、請負人の損害を賠償しなければなりません。(民法641条)

この場合の損害額は、仲裁機関の仲裁や和解例の多くは、これまで業者が負担した経費相当とされています。一般的には、すでに完成した部分があればその分を支払うことになります。また、業者によっては、それ以上の損害金を要求してくる場合もあります。

いずれにしても、当事者のみの話し合いで解決しない場合は民事調停等の仲裁機関を利用するのがよいと思われます。

お問い合わせ

県土整備部 建設管理課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎2階・3階(分室)

ファックス:048-830-4867

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?