Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 畜産業 > 申請・手続き > 蜜蜂を飼育する方は届出が必要です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月1日

蜜蜂を飼育する方は届出が必要です

蜜蜂飼育届の提出について

蜜蜂を飼育する方は、養蜂振興法(外部リンク)の規定に基づき、蜜蜂飼育届の提出が義務づけられています。
また、届出の内容に変更がある場合は、蜜蜂飼育変更届の提出が必要です。

対象者

蜜蜂を飼育する方(趣味の飼育やニホンミツバチの飼育でも対象です)
ただし、花粉交配に必要な群数を一定期間のみ飼育し、蜂蜜・蜜蜂等を販売しない場合は届出が不要です。

届出時期

蜜蜂飼育届:毎年1月31日まで

蜜蜂飼育変更届:変更した日から1か月以内

届出先

住所地を管轄する家畜保健衛生所に届け出てください。

中央家畜保健衛生所(北足立郡市、南埼玉郡市、北葛飾郡市)

川越家畜保健衛生所(入間郡市、比企郡市)

熊谷家畜保健衛生所(秩父郡市、児玉郡市、大里郡市、北埼玉郡市)

届出の様式

蜜蜂飼育届様式(Word)蜜蜂飼育届様式(PDF)蜜蜂飼育届記入例(PDF)

蜜蜂飼育変更届様式(Word)蜜蜂飼育変更届様式(PDF)

転飼許可について

県境を越えて飼育場所を変更することを転飼といいます。

転飼を行う場合は、養蜂振興法に基づきあらかじめ、転飼しようとする都道府県知事の許可が必要です。

また、蜂群配置の適正化を図るため、新規に埼玉県へ転飼をしようとする方は、事前に県畜産安全課に御相談ください。

申請時期

埼玉県内に転飼する2か月前まで

ただし、新規申請の場合、事前調整が必要となりますので、早めに御相談ください。

申請先

埼玉県畜産安全課

申請の様式

転飼許可申請書様式(ワード:15KB)転飼許可申請書様式(PDF:69KB)

転飼許可申請書記入例(PDF:78KB)

手数料

1蜂群につき、150円

ただし、1転飼場所につき2300円を上限とする

 

蜜蜂飼育を行う際の注意点

以下の点に注意して、適切な蜜蜂の管理をお願いいたします。

衛生的な管理について

養蜂振興法第5条に基づき、蜜蜂の飼育を行うものは、衛生的な飼養管理を行う等蜜蜂の適正な管理に努めるものとする、と定められています。

腐蛆(ふそ)病等の蜜蜂の伝染病の発生を予防するため、蜂群の観察を定期的に行い、異常の早期発見に努めましょう。

蜂群の適正配置について

地域の蜜源に対して蜂群数が著しく過剰となる場合は、蜂群の適正配置のための調整が必要となります。

新規に飼育を始める場合や飼育する蜂群数を著しく増加させる場合は、事前に周辺の飼育者と調整を行いましょう。

周辺住民への配慮について

県内では、蜂場の周辺住民からの苦情等が発生しています。飼育の際には、以下の点に注意してご近所トラブル発生防止に努めましょう。

  • ふん害防止:巣門が開いている方向の白い洗濯物や自動車などで被害が多い。巣箱を置く向きの変更や白いシーツの設置などの対策を行いましょう。
  • 水場管理:水を求めて、近隣住宅の水槽や水田などに蜜蜂が飛来しないよう、水場を設置しましょう。
  • 分蜂管理:蜜蜂が群れで飛翔したり、樹木などに塊になっていることを多くの人は恐怖に感じます。王台の除去などを適切に行い、不要な分蜂を防ぎましょう。

蜜源植物の保護増殖について

県内の蜜源となる植物は限られています。

今ある蜜源植物を大切に利用するとともに、保護・増殖に努めましょう。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部 畜産安全課 畜産振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4837

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?