Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > > 食の安全 > 放射能 > 農産物安全技術専門委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2015年10月5日

農産物安全技術専門委員会

農産物安全技術専門委員会の設置

農産物の安全対策を推進するため、作物・食品・農薬・土壌の学識経験者、生産者及び消費者から構成される「農産物安全技術専門委員会」を平成13年1月に設置し、化学物質等による農産物への影響軽減・回避技術について研究・開発しています。

農産物安全技術専門委員会の構成員

 

氏名

役職

委員長

本山直樹

千葉大学 名誉教授

委員

青柳康夫

女子栄養大学栄養学部 教授

上路雅子

一般社団法人日本植物防疫協会 理事長

川本晶子

埼玉県生協ネットワーク協議会 生活協同組合コープみらい理事

長坂豊道

一般財団法人日本食品分析センター 顧問

夏秋啓子

東京農業大学国際食料情報学部 教授

野口勝可

農業・食品産業技術総合研究機構 フェロー

原昌男

全国野菜園芸技術研究会 事務局長

増島博

財団法人日本土壌協会 顧問

※ 委員は50音順(敬称略)

農産物安全技術専門委員会の開催状況

平成26年度第2回委員会

  1. 日時 平成27年3月16日(月曜日)午後2時から4時20分
  2. 場所 埼玉教育会館201会議室
  3. 議事

 (1)平成26年度における農産物安全対策に係る試験研究結果について

  • 野菜類のカドミウム吸収に及ぼす土壌化学・物理性の影響解明と吸収抑制技術の確立
  • ヒ素とカドミウムのトレードオフを考慮した水稲のヒ素、カドミウム同時吸収抑制技術の開発
  • 土壌及び農産物における放射性物質の実態把握及び安全性確保要因の解明
  • 殺線虫剤の土壌残留とその防除効果の関係解明

 (2)来年度以降の委員会について

 (3)今後の農産物安全対策に係る試験研究について

平成26年度第1回委員会

  1. 日時 平成26年9月8日(月曜日)午後2時から4時
  2. 場所 埼玉教育会館104会議室
  3. 議事

 平成26年度における農産物安全対策に係る試験研究の進捗状況等について

  • 野菜類のカドミウム吸収に及ぼす土壌化学・物理性の影響解明と吸収抑制技術の確立
  • ヒ素とカドミウムのトレードオフを考慮した水稲のヒ素、カドミウム同時吸収抑制技術の開発
  • 土壌及び農産物における放射性物質の実態把握及び安全性確保要因の解明
  • 殺線虫剤の土壌残留とその防除効果の関係解明

平成25年度第2回委員会

  1. 日時 平成26年3月17日(月曜日)午後2時から4時
  2. 場所 埼玉教育会館104会議室
  3. 議事
    平成25年度における農産物安全対策に係る試験研究結果について
    • 野菜類のカドミウム吸収に及ぼす土壌化学・物理性の影響解明と吸収抑制技術の確立
    • ヒ素とカドミウムのトレードオフを考慮した水稲のヒ素、カドミウム同時吸収抑制技術の開発
    • 土壌及び農産物における放射性物質の実態把握及び安全性確保要因の解明
    • 殺線虫剤の土壌残留とその防除効果の関係解明

平成25年度第1回委員会

  1. 日時 平成25年9月2日(月曜日)午後2時から4時
  2. 場所 埼玉教育会館104会議室
  3. 議事
    平成25年度における農産物安全対策に係る試験研究の進捗状況等について
    • 野菜類のカドミウム吸収に及ぼす土壌化学・物理性の影響解明と吸収抑制技術の確立
    • ヒ素とカドミウムのトレードオフを考慮した水稲のヒ素、カドミウム同時吸収抑制技術の開発
    • 土壌及び農産物における放射性物質の実態把握及び安全性確保要因の解明
    • 殺線虫剤の土壌残留とその防除効果の関係解明

平成24年度第2回委員会

  1. 日時 平成25年3月18日(月曜日)午後2時から4時半
  2. 場所 埼玉教育会館104会議室
  3. 議事
    • (1)平成24年度における農産物安全対策に係る試験研究結果について
      • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
      • 農薬の混用による野菜の農薬残留に及ぼす影響解明
      • 化学肥料の代替を考慮した堆肥の多投・連用による影響の検証
      • 野菜類のカドミウム吸収に及ぼす土壌化学・物理性の影響解明と吸収抑制技術の確立
    • (2)平成25年度における農産物安全対策に係る試験研究新規課題について
      • ヒ素とカドミウムのトレードオフを考慮した水稲のヒ素、カドミウム同時吸収抑制技術の開発
      • 土壌及び農産物における放射性物質の実態把握及び安全性確保要因の解明
      • 殺線虫剤の土壌残留とその防除効果の関係解明

平成24年度第1回委員会

  1. 日時 平成24年9月3日(月曜日)午後2時から4時
  2. 場所 埼玉教育会館104会議室
  3. 議事
    平成24年度における農産物安全対策に係る試験研究の進捗状況等について
    • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
    • 農薬の混用による野菜の農薬残留に及ぼす影響解明
    • 化学肥料の代替を考慮した堆肥の多投・連用による影響の検証
    • 野菜類のカドミウム吸収に及ぼす土壌化学・物理性の影響解明と吸収抑制技術の確立

平成23年度委員会

  1. 日時 平成24年3月22日(木曜日)午後2時から4時10分
  2. 場所 埼玉教育会館104会議室
  3. 議事
    • (1)平成23年度における農産物安全対策に係る試験研究結果について
      • 県産主要野菜ネギ・ナスのカドミウム濃度低減技術の確立
      • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
      • 農薬の混用による野菜の農薬残留に及ぼす影響解明
      • 化学肥料の代替を考慮した堆肥の多投・連用による影響の検証
    • (2)平成24年度における農産物安全対策に係る試験研究新規課題について
      • 野菜類のカドミウム吸収に及ぼす土壌化学・物理性の影響解明と吸収抑制技術の確立

平成22年度委員会

  1. 日時 平成22年9月3日(金曜日)午後2時から4時
  2. 場所 埼玉教育会館301会議室
  3. 議事
    平成22年度農産物安全対策に係る試験研究の進捗状況等について
    • 県産主要野菜ネギ・ナスのカドミウム濃度低減技術の確立
    • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
    • 農薬の混用による野菜の農薬残留に及ぼす影響解明
    • 化学肥料の代替を考慮した堆肥の多投・連用による影響の検証

平成21年度第2回委員会

  1. 日時 平成22年3月10日(水曜日)午前10時から12時
  2. 場所 さいたま共済会館501会議室
  3. 議事
    • (1)平成21年度の農産物安全対策に係る試験研究結果について
      • 農薬のドリフト低減技術の確立
      • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
      • 農薬混用による作物残留への影響解明
      • 県産主要野菜ネギ・ナスのカドミウム濃度低減技術の確立
    • (2)平成22年度の農産物安全対策に係る試験研究課題(案)について
      • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
      • 農薬混用による野菜の農薬残留に及ぼす影響解明
      • 重金属の蓄積防止と化学肥料の代替を考慮した堆きゅう肥施用技術の確立

平成21年度第1回委員会

  1. 日時 平成21年8月27日(木曜日)午後2時から3時30分
  2. 場所 埼玉県農林総合研究センター水田農業研究所講堂
  3. 議事
    平成21年度農産物安全対策に係る試験研究の進捗状況等について
    • 農薬のドリフト低減技術の確立
    • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
    • 農薬混用による作物残留への影響解明
    • 県産主要野菜ネギ・ナスのカドミウム濃度低減技術の確立

平成20年度第2回委員会

  1. 日時 平成21年3月11日(水曜日)午前10時から11時45分
  2. 場所 さいたま共済会館501会議室
  3. 議事
    • (1)平成20年度農産物安全対策に係る試験研究の進捗状況等について
      • 農作物の有害物質吸収抑制技術の開発
      • 農薬のドリフト低減技術の確立
      • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
      • 農薬混用による作物残留への影響解明
    • (2)平成21年度の農産物安全対策に係る試験研究の新規課題(案)について
      • 県産主要野菜ネギ・ナスのカドミウム濃度低減技術の確立

平成20年度第1回委員会

  1. 日時 平成20年8月28日(木曜日)午後1時30分から3時
  2. 場所 埼玉県農林総合研究センター園芸研究所大会議室
  3. 議事
    • (1)平成20年度農産物安全対策に係る試験研究の進捗状況等について
      • 農作物の有害物質吸収抑制技術の開発
      • 農薬のドリフト低減技術の確立
      • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
      • 農薬混用による作物残留への影響解明
    • (2)その他

平成19年度第2回委員会

  1. 日時 平成20年3月24日(月曜日)午前10時00分から11時45分
  2. 場所 さいたま共済会館501会議室
  3. 議事
    • (1)平成19年度農産物安全対策に係る試験研究について
      • 農作物の有害物質吸収抑制技術の開発
      • 農薬のドリフト低減技術の確立
      • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
      • 農薬混用による作物残留への影響解明
    • (2)その他

平成19年度第1回委員会

  1. 日時 平成19年8月29日(水曜日)午後1時30分から3時
  2. 場所 埼玉県農林総合研究センター園芸研究所大会議室
  3. 議事
    • (1)平成19年度農産物安全対策に係る試験研究の進捗状況等について
      • 農作物の有害物質吸収抑制技術の開発
      • 農薬のドリフト低減技術の確立
      • 農薬の後作物への影響回避技術の確立
      • 農薬混用による作物残留への影響解明
    • (2)その他

化学物質等による農産物への影響回避技術試験研究課題一覧(平成13年~平成24年)

(1)きのこ菌を活用した土壌浄化技術の開発(H12~H14)

概要:きのこ菌を活用した土壌中ダイオキシン類削減技術を開発

(2)重金属(カドミウム)による農産物への影響回避技術の開発(H13~H15)

概要:農産物への重金属(カドミウム)の吸収移行実態を調査、農産物への影響回避技術を開発

(3)農業資材に由来する化学物質の野菜への影響回避技術の開発(H13~H15)

概要:農業被覆資材に由来するフタル酸エステルの野菜への影響実態の把握と影響回避技術を開発

(4)農産物の硝酸態窒素低減化技術の開発(H14~H15)

概要:硝酸態窒素濃度の実態調査、肥効調節型肥料や有機物を利用した農作物中の硝酸濃度低減技術を開発

(5)農産物の機能性を活かした品質向上管理技術の開発(H15~H17)

概要:県産主要農産物の機能性成分の検証、有用成分を向上する技術を開発

(6)有機リサイクル生産での重金属類の汚染防止技術の開発(H16~H18)

概要:各種堆肥の重金属含有実態やほ場施用後の重金属の土壌・作物への胴体を解明し、地域・素材別リサイクル堆肥使用マニュアルを作成

(7)POPs農薬の野菜への影響回避技術の開発(H16~H18)

概要:環境中への残留が高いPOPs農薬(残留性有機汚染物質)の農産物への吸収抑制、分解促進術を開発

(8)低硝酸塩栽培下における葉菜類の品質向上技術の開発(H17~H18)

概要:ホウレンソウ、コマツナの硝酸濃度と品質成分の関係を解明

(9)農作物の有害物質吸収抑制技術の開発(H18~H20)

概要:水稲、サトイモのカドミウム含有量の実態調査、低減技術の確立、簡易分析法や汚染リスク予測手法等の開発

(10)農薬のドリフト低減技術の確立(H19~H21)

概要:ドリフトによる周辺作物の残留実態調査、影響する環境条件、散布方法等について解明

(11)農薬の後作物への影響回避技術の確立(H19~H21)

概要:散布した農薬の土壌残留と消長の実態、残留した農薬の後作物による吸収実態を解明

(12)農薬混用による作物残留への影響解明(H19~H21)

概要:野菜、果樹の農薬混用事例から使用方法、作物への残留農薬量の実態を把握

(13)県産主要野菜ネギ、ナスのカドミウム濃度低減技術の確立(H21~23)

概要:ネギとナスを対象に品種選択や土壌管理によるカドミウム濃度低減技術を確立

(14)農薬の後作物への影響回避技術の確立(H22~24)

概要:キュウリで使われる粒剤型の殺線虫剤について、土壌残留等を明らかにし、後作物への影響回避技術を確立

(15)農薬の混用による野菜の農薬残留に及ぼす影響解明(H22~24)

概要:ナス、トマト等を対象に、農薬の混用が及ぼす影響を明らかにし、農産物の安全性を解明

(16)化学肥料の代替を考慮した堆肥の多投・連用による影響の検証(H22~24)

概要:有機物中の主要成分の形態を明らかにし、環境保全上適切な肥効率、代替率策定による施用指針を作成

議事要旨、配付資料及び過去の議事については、県政情報センター(電話 048-830-2545)で閲覧できます。

お問い合わせ

農林部 農産物安全課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4070

ファックス:048-830-4832

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?