Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 農林部 > 森づくり課 > 「意欲と能力のある林業経営体」等の公表(第3回)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年4月1日

「意欲と能力のある林業経営体」等の公表(第3回)

森林経営管理法(平成30年法第35号)が平成31年4月から施行されるにあたり、経営や

管理が適切に行われていない森林について、市町村が仲介役となり森林所有者と林業経

営体をつなぐ仕組みがはじまりました。

森林経営管理法第36条には、県が市町村から経営管理の再委託を受けることを希望する

民間事業者を公募し、県で定める基準に適合する者(「意欲と能力のある林業経営体」)

を公表することとされています。

市町村は森林所有者から経営管理を委ねられた森林を再委託する際は、この公表されたリ

ストの中から事業体を選定することとなります。

「意欲と能力のある林業経営体」には下記の要件に適合する必要があります。

(1)経営関係を効率的かつ安定的に行う能力を有すると認められること

(2)経営管理を確実に行うに足りる経理的な基礎を有すると認められること

また、「意欲と能力のある林業経営体」に適合しないものの、一定の基準を満たす場合に

は「『意欲と能力のある林業経営体』へと育成を図る林業経営体」として公表します。

そこでこのほど、県では、森林経営管理法第36条の規定により埼玉県意欲と能力のある

林業経営体等の公募・公表要領を制定しました。

「埼玉県意欲と能力のある林業経営体」等の公募・公表要領

1.要領一式

2.様式

(1)様式1,4-8

(2)様式2,3

募集・公表

埼玉県意欲と能力のある林業経営体等の公募・公表要領7条に基づき、令和2年度第3回目の意欲と能力のある林業経営体及び育成経営体を公表します。

意欲と能力のある林業経営体(令和2年4月1日:第3回公表)

「意欲と能力のある林業経営体」へと育成を図る林業経営体(育成経営体)

 参考資料

1.森林経営管理法

2.森林経営管理法の運用について

3.林業経営体の育成について

4.埼玉県林業事業体登録要領

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部 森づくり課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4839 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?