Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第5回福島貴美恵さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月31日

埼玉農業女子(第5回福島貴美恵さん)

第5回 新たなスタート 美味しい”いちご”をみなさんに届けたい(長瀞町 福島貴美恵さん)

あの大雪でハウスが倒壊、長瀞福島農園の大ピンチ。貴美恵さんが始めたお店は?いちごの栽培は?家族みんなで夢に向かって新たな一歩を。

ふくしまきみえさん

農家に嫁いで

貴美恵さんは、22歳で農業高校の先輩と結婚。昨年の春から2人の子供が保育園に行き始めたのを契機に、夫のいちご栽培を手伝い始めました。

平成26年2月の大雪に負けないぞ

昨シーズンに自宅の直売所の改装と農産加工施設を立ち上げ、いちごやトマトのジャム、自家製小麦を利用したお菓子を販売していこうと張りきっていました。ところが、いちごの観光摘み取りが始まり、これからという時にあの2月の大雪でハウスが倒壊。奇跡的に30年もののハウスだけが残りました。「壊れたハウスの撤去・再建するにはどうすればいいか。辞めてしまおうか」と話したこともありました。
しかし、新しくした直売所に農産加工施設、残ったハウスもあり、いちご栽培を続けろと言うことだと思い、再建に向けて動き始めました。

現在、ハウスの再建の目途も立ち、イチゴの苗の定植も何とか間に合いました。「12月には赤い美味しいいちごを、たくさんのお客様に食べてもらえるようにがんばります。」と言います。

ふくしまさんしゃしん

おいしいイチゴのお菓子を

じゃむ

加工部門は貴美恵さんが責任者です。小さな子供たちが、おいしく安心して食べられる手作りのジャムやお菓子を作っています。

ジャムにある“Sunny Day’s Kitchen”のラベルは、貴美恵さんの息子たちの名前「青空(そら)、陽太(ひなた)」と青い空と黄色い太陽をモチーフに作りました。

「将来は、地元のぶどうや栗等も使ったお菓子を作り、地域のみなさんから親しまれる、憩いのカフェにしたい」と夢を語ってくれました。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?