Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第9回 瀬田知子さん(加須市))

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月31日

埼玉農業女子(第9回 瀬田知子さん(加須市))

 第9回 ☆☆ きゅうりもトマトも知子さんも輝いています ☆☆ 

  手をかければかけるほど、成果のでる「きゅうり」「トマト」栽培は魅力的な仕事です!と、栽培管理、収穫、箱詰、集荷に前向きな知子さん。夫婦、両親とともに農作業に励み、お子さん3人もしっかり育てています。

 瀬田知子さん

知子さんは、平成4年に車関係の仕事をしていた利昭さんと結婚、しばらくサラリーマン家庭でした。
 平成15年に「きゅうり栽培に転職するぞ、おやじの栽培技術を絶やしたくない」と言う夫の言葉と「自然の中での仕事も良いかな」との思いから、両親が行っていた農業に一緒に取り組み始めました。
 きゅうり、トマト栽培は、両親と夫婦で役割を分担して手際よく進めてますが、大学、高校生、中学生の子供たちも時々作業を手伝ってくれます。きゅうりは、農協系統で「埼玉きゅうり」として出荷していて、4月~6月までの間は新鮮さをPRするためきゅうりの花をとらずに収穫し「花つききゅうり」として出荷しています。また、トマトは3月から6月までスーパー等に直接納品しています。 『お客さんから「おいしいので、また買いたいです」と言われる時が、うれしい一瞬』と知子さんは言います。

 家庭では、採りたてきゅうりで作る「たたききゅうりのネギソース」、完熟のトマトで作る「ミートソース」や「トマト煮」は子供が喜んでくれるそうです。特に夫が作る「ラザニア」は格別だそう。

 知子さんは、女性組織の「加須市園芸組合女性部」「ほほえみ会」「なごみ会」に加入し、働き方の工夫、農産物の加工、時には都内見学を行い、農業経営の向上、暮らしの工夫、子育てに役立てています。

 「何より、仲間がいることは、心強いものです。これからも、家族、仲間と「美味しいきゅうり生産」を目指します。」と笑顔で語ってくれました。

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?